11月11日の戦没者追悼記念日『リメンバランスデー (Remembrance Day)』

11月11日は、リメンバランスデー (Remembrance Day) という、戦没者を慰霊する日です。

こう呼ぶのはイギリスやオーストラリアですが、カナダやアメリカなどでも同じく毎年午前11時に黙祷が行われます。

テレビ等でも中継されますので、もしこの日にオーストラリアにいるのなら、一緒に黙祷をしませんか。

リメンバランスデーとは

“Lest We Forget (戦争を忘れない)” という言葉がよく使われます

リメンバランスデーと定められている11月11日は、第一次世界大戦が終結した日です。

日本はあまりなじみがないかもしれませんが、オーストラリアはニュージーランドと一緒にアンザック軍 (Australian and New Zealand Army Corpsの略) としてイギリスに参戦しています。

だから、オーストラリアでは4月25日のアンザックデーと同様に重要な日です。

 

1918年11月11日、4年に及ぶ激しい戦いの末ドイツが降伏。この戦争で7千万人以上の人が動員され、9〜1300万人の人が亡くなった言われています。

1919年の終戦1周年には、当時ロンドンで働いていたオーストラリア人ジャーナリストであるエドワード・ハニー (Edward Honey) の提案によってロンドンで2分間の黙祷が行われ、翌年には100万人の人たちがこの式典に参加しました。

当時のイギリス国王ジョージ5世は、この日を戦没者追悼記念日に制定。

当初は “休戦日 (Armistice Day)” と呼ばれていたのですが、第二次世界大戦が終結すると、オーストラリアとイギリス政府によってこの日は “思い偲ぶ日”、つまりリメンバランスデーと名前が変わり、戦争で亡くなった全ての人たちを追悼する日となりました。

オーストラリアにおけるリメンバランスデー

オーストラリアのリメンバランスデーは、1993年まで正式な記念日としては定められていませんでした。

しかし、戦後75周年を迎えたこの年にフランスの軍事墓地に埋められていた第一次世界大戦で戦った兵士の遺体がオーストラリアのメモリアルホール (Memorial’s Hall of Memory) に移された事をきっかけに、その4年後の1997年、ウィリアム・ディーン総督 (Governor-General Sir William Deane) によって、正式に戦没者記念日と発表されています。

ちなみに、2018年は第一次世界大戦終結からちょうど100周年にあたります。

(参考: https://www.awm.gov.au)

リメンバランスデーの様子

2018年、シドニーのハイドパークにて

シドニー時間10.30am から、チャンネル2 でキャンベラにある戦争記念館で行われた追悼式の様子が中継されました。

他にもシドニーや他の都市の様子も見る事が出来ますが、この時期はデイライトセービングスにより国内で時差が生じる為、1時間後にはクイーンズランドの式典が始まります。

2018年11月6日のマーティンプレイス

リメンバランスデーが近くなると、戦没者の象徴であるポピーの花 (造花) が売られます。

 

Opera House

リメンバランスデーの夜は、シドニーのオペラハウスにポピーの花が映し出されます。

Opera House

写真は2021年に撮影したものです。

シドニーはコロナウイルスによるロックダウンが接種者対象に解除されてちょうど1ヵ月経。町に活気が戻っていたはずなのですが、雨が降っていたせいか、通常は賑やかなサーキュラキーにはほとんど人がいませんでした。

そして、雨はそれほど激しいくはなかったものの、履いてたシューズは中までビッショリ。でも浄化の雨と言いますし、きっと良い事なのだと思う事にしました。

現在世界やオーストラリア国内ではデモが起こり不穏な空気もありますが、戦争はもう起こらない事を祈ります。

おわりに

日本人は知らない人も多いのですが、オーストラリアでは第二次世界大戦中に日本軍がダーウィンを攻撃した事はとても有名な話ですし、オーストラリアには戦争で亡くなった日本人の墓地や捕虜収容所跡などが残っています。だから、戦争に関して日本人も決して無関係ではないんです。

11月11日、私は忘れずに黙祷を続けていこうと思ってます。