オーストラリアの国花 ワトルの花

オーストラリアの国花 ワトルの花

日本の国花は菊と桜ですが、オーストラリアの国花 (National Flower) って何でしょうか?

答えは、ゴールデンワトル (Golden Wattle) という黄色い (金色) 花です!

春になる頃に咲くので、9月1日には春の訪れを祝うワトルの日もあります。

何となく日本の菜の花みたいですね。
(私の地元に菜の花祭りみたいな?)

 

スポンサーリンク Advertisement

ワトルについて

“ワトル” という名前はあまり聞き覚えがないかもしれませんが、ヨーロッパなどではミモザ (Mimosa) またはアカシア (Acacia) と呼ばれている品種です。

ワトル、つまりアカシアに属する植物ですが、世界中で1350種類以上も存在し、そのうちの約1000種類近くがオーストラリアに生息しているそうです。

古くは先住民であるアボリジニの食料や燃料、薬、様々な木工品として活用され、多くのオーストラリア人にとっては郷愁をかきたてる花でもあるそうです。

オーストラリアのワトルはとても数が多い為か、品種が違うのに同じ名前が付いていたりと混乱しやすいので、世界共通であるラテン語の学名を見た方が確実です。

オーストラリア国花となっているゴールデンワトルの学名は Acacia pycnantha 。(下の写真。)

ひとつひとつの花が小さくてとても素朴ですが、1988年に正式に発表されたれっきとしたオーストラリア国花なんです。

ワールドカップでオーストラリアが緑と黄色のユニフォームを着るのも、このワトルの色からです。

よく見ると国章↑にもちゃんとワトルが描かれていますよね。

ちなみに、このゴールデンワトルは主にオーストラリア南東部 (ACT周辺や南オーストラリア州のアデレードヒルズ、ビクトリア州の広域) に多く生息していて、木の高さや葉の大きさには地域差はありますが、だいたい4m〜8mの低木で、冬の終わる8月頃から早春にかけて開花します。

重要な役割を持つワトル

ワトルという植物はオーストラリアを始めとして、アフリカやポリネシアなどの乾燥した地域に多く生息しますが、中には雪の下でも生き残れる種類もあるそうです。

オーストラリアには1000種類以上のワトルが存在すると書きましたが、特に西オーストラリア州には約450〜500種のワトルが生息しているとの事。

ほとんどのワトルは10年〜20年くらいと短命ですが、長寿な種は200年から300年生きるそうですよ。

これもワトルです。

先住民はそんなワトルの木からブーメランや槍、楽器や装飾など様々な物を作りました。

現在でもワトルの木は木材として高品質の家具やベニヤ板となり、薪としても高品質なよく燃える木として知られています。

ある種の種子は食料や薬になり、その硬い種子の皮のお陰で荒漠​と​し​た​土地​で​も​生き​続け​られる​事が出来、栄養価が高いブッシュフードとしても人気があります。

私のお気に入りのコーンフレークにもワトルの種子が入ってるらしいのですが、どれだろう?(笑)

種子がどれくらい硬いかというと、園芸として自分で育てる時には熱湯につけて発芽させなければいけないほど。

また、ワトルの​木​の根は​土壌​の侵食​を​食い止め、環境的にも重要な役割を果たしているんだそうです。

ワトルという名前の由来

ところで、何故オーストラリアでは “ミモザ” を “ワトル” と呼ぶのでしょうか。
その名前の由来は18世紀の初期開拓時代まで遡ります。

もともとワトル (Wattle) という言葉はアングロサクソン (つまりイングランド人) が “しなやかな枝”“その枝で編んだもの” という意味で使っていました。

そのしなやかな枝を編んだワトルと呼ばれる木枠に泥を塗って建てられた家を “Wattle-and-daub huts (木の枝と土壁の小屋)” と言い、初期のポートジャクソン開拓地 (現在のシドニーのロックス) ではこの建築方法で家が建てられていました。

The old wattle and daub by MrPanyGoff

その建築の際、シドニー周囲にたくさんあったアカシアの木がワトルとして使われ、そのアカシアの木をワトルと呼んでいるうちに木の名前として定着し、そのうちアカシア属全般を指す言葉として使われるようになったという事です。

ただし、この時シドニーで使われたワトルは国花になっているゴールデンワトルではなくて、シドニーゴールデンワトル (またはイエローワトル) という種類のワトルです。

Yellow Wattle / Sydney Golden Wattle (学名: Acacia longifolia)

上の写真を見たら分かるように、シドニーゴールデンワトルの花は細長いブラシのようです。

このワトルは主にニューサウスウェールズ州やビクトリア州が生息地で、開花時期は冬から春にかけてちょうど8月頃です。

7月でもノースのある地域では咲いていましたが、昨日 (7月25日) にシドニーロイヤルボタニックガーデンに行ってみたら、まだ固いつぼみでした。

国花になるまで

オーストラリアでワトルが春のシンボルとして認識されるようになったきっかけに、鳥類学者で博物学者であるアーチボルド・ジェームズ・キャンベル (Archibald James Campbell 1853 – 1929) の存在があります。

キャンベルはビクトリア州を拠点に長年オーストラリアの鳥の研究をし、野鳥雑誌の編集に関わったり論文を書いたり30種程の鳥の名前を命名したりした人なのですが、ワトル愛好家でもあった彼は1899年に ワトルクラブ を創設し、ワトルを鑑賞する散策イベントを数年にわたって行いました。

1908年、キャンベルは “ワトルの日” を作る事を提案し、1910年9月1日に第1回目のシドニー、メルボルン、アデレードでの春の遠足イベントが企画されました。(当時メルボルンは大雨で大変だったそうですが。)

実はワトルの日らしきイベントはそれ以前にも行われていた事があり、一番古い記録は1838年12月1日から始まったタスマニアの州都ホバートのお祭りで、1883年までの45年間続けられていたようです。

これはホバートの中でも最も古い Regatta という町で、17世紀にタスマニアを発見したオランダ人のアベル・タスマン (Abel Tasman) を記念したお祝いで、この日はワトルを身に付けるのが習慣とされていました。

他には1890年に、南オーストラリア州でジャーナリストの W. J. Sowden によって “Wattle Blossom Day” が開催された事もあります。

その後1901年にオーストラリアはひとつの連邦国家としてイギリスから独立し、1912年9月19日にイギリス国王ジョージ5世から新しいオーストラリアの国章が贈られたのですが、そこにはもともとの国章にオーストラリアの6つの州の紋章とワトルの花が加えられています。

そしてカンガルーとエミューは前進しかしない動物なので、オーストラリアも常に前進するという意味も込められました。

上が1908年に国王エドワード7世により贈られた最初の国章。主に青とゴールドで描かれていますね。

1912年に国王ジョージ5世により贈られた新しい国章は、ワトルも加えられて黄色 (ゴールド) が目立ちます。

国章は¢50コインの裏にも載ってますよね!

そして、ワトルがはっきりと公式にオーストラリアのシンボルとして認識されたのは、1984年4月19日にオーストラリア総督 (Governor-General) がオーストラリアのナショナルカラーは緑とゴールドだと宣言した時です。

それまでは青とゴールドなども使われる事があり混乱を招いていたナショナルカラーですが、これでワトルの色である緑とゴールドに決まりました。(青色はワトルの背景の空の色として、今でも非公式には受け入れられてはいます。)

そんな折、ワトルレディとして知られるマリア・ヒッチコック (Maria Hitchcock) は、当時ワトルの花が正式な国花として発表されていない事を知り、数年間に及ぶ全国キャンペーンを実施。

その甲斐あって1988年9月1日、ゴールデンワトルは正式なオーストラリアの国花として宣言されました。

そして、1992年にはヒッチコックの呼びかけが各州の首相に認められ、正式にワトルの日が “National Wattle Day” として設立され、バラバラだった各州のワトルの日も全州9月1日に統一されたのです。

ワトルの開花時期は州によって違いますが、この日はどの種類のワトルを身に付けても良い事になっています。

ワトルの日に対する想い

でも、何故オーストラリアがこんなにもワトルにこだわるのでしょうか。その背景には愛国心の問題が関係しています。

現在4人に1人が外国生まれというオーストラリアでは様々な文化が入り乱れ、しばしばアイデンティティの問題が浮上しています。

近年のオーストラリア国民にはアジア人も多く、イギリス女王の誕生日を祝日にして祝うのはどうなのかとか、アンザック神話を語るアンザックデーに関わりのある子孫はどれくらいいるのかなど様々な論議がありますが、特に1月26日のオーストラリアデーは白人がオーストラリア大陸を侵略した日で、長い間先住民アボリジニの人たちがデモ行進などの抗議をしている問題の日でもあります。

そんな侵略記念日であるオーストラリアデーを快く祝う事は出来ないと考えるオーストラリア人もいて、一部の人たちから、それならアボリジニにも深い関わりがあって白人系オーストラリア人にとって心のふるさとでもあるワトルの日をオーストラリアデーの代わりに国を讃える日にしたら良いのではないか、という意見も出ています。

と言っても、試しに生粋のオーストラリア人である私のパートナーに聞いてみたら「は?ワトルの日?それっていつだっけ?」というレベルで、ワトルの日が広く国民に浸透しているとは言い難い印象はあります。

それでも、2015年にはオーストラリアのアイデンティティを表す新しいシンボルとして、ゴールデンワトルの旗が作られました。

この旗は団結力と、それを結びつける自然と土地の美しさを表していて、人種、言語、信念、意見で区別する事なく、全ての人が平等に統一されているという意味が込められているそうです。

うーん、前からユニオンジャックのついた国旗は論議になっていたし、ゴールデンワトルの旗のコンセプトも素晴らしいのですが。これがオーストラリア国旗になったら、何となくオーストラリアのイメージが変わりますね。

オーストラリア各州花

ちなみに各州にも州花があるんですよ。
下が一覧です。(写真はないです、ごめんなさい。撮ったら載せます。)

クイーンズランド州 (QLD)
Cooktown Orchid
(学名: Vappodes phalaenopsis)
Official in 1959.

ニューサウスウェールズ州 (NSW)
Waratah
(学名: Telopea speciosissima)
Official in 1962 by Governor Sir Eric Woodward.

オーストラリア首都特別地域 (ACT)
Royal Bluebell
(学名: Wahlenbergia gloriosa)

ビクトリア州 (VIC)
Pink Common Heath
(学名: Epacris impressa)

南オーストラリア州 (SA)
Sturt’s Desert Pea
(学名: Swainsona formosa)
Official in 1961.

タスマニア州 (TAS)
Tasmanian Blue Gum
(学名: Eucalyptus globulus)
Official in 1962.

西オーストラリア州 (WA)
Red and Green Kangaroo Paw
(学名: Anigozanthos manglesii)
Official in 1960 by David Brand.

ノーザンテリトリー (NT)
Sturt’s Desert Rose
(学名: Gossypium sturtianum)

まとめ

今回ワトルについて調べてて感じたのですが、しっかりとオーストラリアの草花について調べるって、すっごく楽しいですね。

もともと私はブッシュウォーキングや植物園巡りは好きで、色んな州の色んな所に行きましたが、そういう視点で植物を見るとまた楽しみが増えます。

さあ、春はもうすぐそこ。(多分。)
何気なく外を歩く時、たまにはちょっと周りの草花を意識してみてくださいね。