オージーの誕生日パーティあれこれ

オージーの誕生日パーティあれこれ

今日はオーストラリア人の誕生日の過ごし方について書きます!

オーストラリアの誕生日パーティのスタイルは様々ですが、やっぱりちょっと日本の誕生日事情とは違うな〜と思う事はたくさんあります。

色んな誕生日を見て来ましたが、野外でバーベキューパーティなんかはいかにもオーストラリアという感じですね。

 

スポンサーリンク Advertisement

バースデーカードの充実がすごい

まずオーストラリアの誕生日に欠かせないのがバースデーカード。スーパーマーケットでもどこでも売られていて、その種類の多さには目移りするほど。

バースデーカードだけではなくクリスマスや何かのお祝い事や、とにかく種類がとても豊富なんです。

30歳、40歳などの節目には年齢が書かれた専用のカードもたくさん用意されていて、100歳なんていうのも!いくつになってもこうやってお祝いされるなんて、素敵ですよね。

そして、21歳の誕生日のバースデーカードもズラッとあります。

21歳は特別な誕生日

オーストラリアでは21歳の誕生日はとても特別で、パーティも盛大にやります。

法律的に成人として選挙権や喫煙、飲酒が許されるのは18歳ですが、それにも関わらず21歳の方が盛大に祝われるのは何故だと思いますか?

実は18歳が成人として見なされるようになったのは70年代からで、それまでは21歳だったんです。その時の名残で今も21歳を盛大に祝う文化が続いているんです。
アメリカなどは現在でも21歳が成人みたいですけどね。

成人のお祝いが2度もあるなんて、楽しそうですね。

軽く衝撃を受けたパーティ

私が初めてオーストラリアで誕生日パーティを経験したのは、オーストラリアに来たその日(笑)

ちょうど誕生日ラッシュだったのか、オーストラリア人の家庭でホームステイをさせてもらった1カ月の間に3回もパーティを経験しました。

1度目はホストファミリーのおばあちゃんの誕生日で、自宅でやったホームパーティ。
2度目はホストファミリー自身の誕生日で、レストランでやったバースデーお食事会。
3度目はホストファミリーの娘の婚約者の誕生日で、野外でのパーティでした。

最初の2つはわりと普通に日本でもやると思いますが、3つ目の野外でのパーティはちょっとカルチャーショックでしたね。

海辺にもともと設置されているテーブルに持参したテーブルクロスを掛けて、お店で買って来たピザと手作りケーキを食べるピクニックのようなバースデーパーティ。

当時書いていたスケッチブックの日記より。

各自が用意したプレゼントもテーブルに置いて主役のバースデーボーイがみんなの目の前でひとつひとつ封を開けて行くのですが、そのプレゼントも面白くて、バーベキューの道具を磨くブラシとか本当に気軽な家庭用品とかでびっくり!

えーっ、誕生日プレゼントがそれって、アリ!? と思いましたが、ホストファミリーによるとそういう気軽なパーティなのだそうです。

大人でもパーティやピクニックを気軽に楽しむオーストラリアの人の姿は、私にとってとても新鮮でした。

レストランで誕生日

レストランで誕生日パーティをする人も多いです。

時々レストランで食事をしていると、いきなり照明が落ちて「ハッピーバースデートゥーユー♪」という歌と共にデザートが誕生日の人の前に運ばれ、関係ない周りのテーブルのお客さんも一緒にハッピーバースデーを歌ったり拍手したりして盛り上がるという光景を見る事があります。

そういう派手な演出をしてくれるレストランもありますが、レストランによってサービス内容はまちまちです。

去年私のパートナーの誕生日の時行ったレストランは、デザートにキャンドルを立てて静かにサービスしてくれました。私はその方が静かに祝えて好みです。

でも、誕生日だと告げても特に何もないレストランもありますよ。
あと、ケーキの個人的な持ち込みをすると “Cakage” といってケーキ持ち込み代を取る所もあります。

貸切パーティー

貸切パーティーも珍しくないです。
特に21歳とか40歳とか節目の誕生日には、招待客をたくさん呼んで貸切パーティーを開いたりします。

基本的に誕生日の本人が主催者となり、自分でレストランを予約たりお店と打ち合わせなどをして招待客の分まで支払うのが普通なんだそうです。
と言っても、割り勘や本人は払わなくていいスタイルのパーティも見た事があるので絶対ではないみたいですけどね。

プレゼントをあげたい人はあげるし、特に何もしない人もいる感じです。

仮装パーティ

そしてパーティと言えば、オーストラリア人の大好きな仮装パーティ!
オーストラリアの人っていくつになっても仮装が好きなようです。

前にパートナーの同僚のバーを貸し切って飲み放題の誕生日パーティに招待された時、その同僚の名前の頭文字が “T ” なので、“ T ”が付くものに仮装するというお題をもらいました。

実際行った会場には仮装をしてない人も少しいましたが、多くの人は結構ノリノリで2回衣装替えした人も(笑)

タイガー、トマトケチャップ、テニスプレイヤー、テレビ、トラフィックライト、トラックワーク、なんだか楽しい(笑)

ちなみに私たちの仮装は Twister ゲームのコスプレをしました。知ってます?このゲーム。

ネットで調べてたらこのゲームのコスプレが出て来て、カップルで着たらとってもかわいいと思ったんです。

女性用は素敵なものが売られていたのですが男性用がイマイチだったので、結局手作りしました。

これが結構作るのに凝ってしまって、知らない人にも褒められた、結構自信作です(笑)
ちょっとお披露目↓

この衣装は数年後、パートナーの友人が自宅で開いたパーティでも活躍しました。

この時のお題は60年代スタイル。

私は60年代のスタイル大好きなので喜んで近くのパーティグッズ屋さんに行きましたが、私1人ならかわいいものもあったんですけどカップルとなると結構難しいんですよね。高いし。でも、やっぱりお揃いがかわいいじゃないですか。

結局パートナーが「Twister は60年代に流行ったゲームだから完璧じゃん!」というので、以前作ったコスチュームにお揃いのヒッピーっぽいスカーフやアクセサリーを足すことにしました。あと毛の少ないパートナーの為にヒッピーっぽいカツラも(笑)

せっかく買ってきたカツラなのに、パートナーは「何これ!ブロンドじゃないからヤダ!(←そこ?) 一応ちょっとだけ付けるけど、すぐ取るからね!」とか言ってたのですが、会場に着くとたくさんの人がカツラを付けてて、ヒッピー率が高かったので安心したのかしばらく普通に付けてました(笑)

大きな会社の社長というご高齢の男性もいたのですが、すごくフレンドリーで普通にカツラを付けてヒッピーの格好をしてるのでかわいかったです。ちなみに参加者ほとんどが40代以上の大人でした。

ホームパーティ

人が多い時は家やバックヤードでパーティをする事もあります。一軒家のバックヤードは日本では考えられないくらい広い家が多いです。
私のパートナーが21歳の時も、当時住んでた家のバックヤードに大勢の人を呼んで、ホームパーティをしたと言ってました。

ホームパーティの料理は手作りだったりケータリングでお店に注文したり。

だいたい招待客はある程度の時間までワインなどを片手におしゃべりを楽しみ、それからフィンガーフードのような一口で食べれる軽食でもてなされ、最後の方にメインが出てくるパターンです。

子供の誕生日

私は子供がいないので詳しくないですが、子供の誕生日にもパーティが出来る貸切の会場を予約する事があります。

子供のケーキって、立体的なお城の形とか車とか8歳だから8の数字とか、とにかく凝ってるカラフルなケーキが多くて見ていて面白いです。

https://www.bettycrocker.com

こっちの食紅って本当に色ががっつりつくんですよね〜!
生クリームが真っ青とか真っ赤とか、日本人には食べ物とは受け入れにくいようなどぎつい色もよく使われます。何故か私は別に何の抵抗も感じないんですけどね (笑)

おわりに

オーストラリアの誕生日パーティはいかがだったでしょうか?

ちなみに、韓国では誕生日にわかめスープを、中国では麺を食べるそうです。
国が違えば文化が全然違って面白いですね!

オーストラリアのケーキ屋さんに関しては、こちら
オーストラリアのケーキ屋さん