ダーリングハーバーとバランガルーで休日を過ごそう

ダーリングハーバーとバランガルーで休日を過ごそう

シドニー市内徒歩圏でちょっとしたリゾート気分を味わいたいなら、シドニー 市内の西側に位置するダーリングハーバー (Darling Harbour) に行ってみてください。最近再開発されて、おしゃれなレストランが更に増えています。

そして、このエリアにはショッピングセンターや動物園、水族館、海洋博物館などの他に、ダーリングスクエアには子供が遊ぶ場所もあるので、多目的な楽しみ方が出来るでしょう。

海沿いの遊歩道は良い散歩コースでもあります。

ウェブサイト
https://darlingharbour.com/

 

Advertisement

ダーリングハーバー

ダーリングハーバーという名前は、7代目ニューサウスウェルズ植民地総督ラルフ・ダーリング (Ralph Darling) にちなんで付けられ、彼によって1826年にロングベイと呼ばれていた地域をコックルベイ (Cockle Bay) と改名されました。

かつては貿易港として使われ、造船所や鉄道の操車場、工場などがあるだけだった港町は、オーストラリア建国200周年にあたる1988年から再開発が始まり、現在ではシドニーを代表するリゾート感たっぷりの観光地となっています。

このエリアは広いので、コックルベイ周辺ピアモント側バランガルーダーリングスクエア (チャイナタウン側) の順番で紹介しますが、実際に行く時は好きな順路でどうぞ。

コックルベイ周辺

まずはダーリングハーバーの中心であるコックルベイ。

ここで毎週土曜日に花火が上がります。詳しい予定はウェブサイトで確認してくださいね。

Darling Harbor Fireworks
https://darlingharbour.com/whats-on/fireworks/

色んなレストランがあり目移りしますが、ひとつだけ紹介するとしたら、個人的には日替わりで安くステーキやピザなどが食べれて雰囲気が良いHelm Bar & Bistro がで好きです。

Helm Bar & Bistro
https://www.helmbar.com.au/

この建物の中には本物のクジラの骨が入ったオブジェがあるので、時間があれば見てみてください。

そして、北側には動物園・水族館・マダムタッソーが並ぶ建物があります。

もし複数の施設を利用する予定なら『アトラクションパス』を購入するとお得ですよ。

Attraction Pass
https://me-slsydney.secure-cdn30.accesso.com/

ワイルドライフ・シドニー動物園

コアラを始めとするオーストラリア固有の動物園を間近で見る事が出来る3階建の建物で、アウトバックやレインフォレストなどシドニーにいながらオーストラリア各地の雰囲気を満喫出来ます。屋上でコアラを眺めながら朝食を取れるプランも楽しそう。

※コアラはNSW州では抱っこ出来ないので、コアラに触れて記念撮影のみです。(有料)

WILD LIFE Sydney Zoo
https://www.wildlifesydney.com.au/

シーライフ・シドニー水族館

見た目は小さく見えるかもしれませんが、実は世界最大級の大きさを誇る水族館なんだそうで、1万3000匹を超えるおよそ700種の水生動物が集められています。

まるで海底を歩いているような100m を超えるガラスのトンネルがあり、水族館では珍しいジュゴンも見れますし、サメのいる水槽でダイビングするシャークダイブなど色んなオプションがあるのでチェックしてみてください。

SEA LIFE Sydney Aquarium
https://www.sydneyaquarium.com.au/

マダムタッソー

もともとロンドンで人気だったろう人形館が、2012年にシドニーにもやって来ました。

オーストラリア出身の有名人や世界的大スターなどの本物そっくりなので、ここで記念写真を撮って友達を驚かせたら面白そうです。

Madame Tussauds
https://www.madametussauds.com.au/

ピアモント側

さて、ではピアモントブリッジを渡って向こう側へ行きます。

橋を渡りきったらすぐ、左側にハーバーサイドショッピングセンター、右側に海洋博物館があります。

ハーバーサイドショッピングセンター

ハードロックカフェがあるハーバーサイドショッピングセンターはこんな感じ。

Harbourside Shopping Centre
https://www.harbourside.com.au/

オーストラリア海洋博物館

こちらがが海洋博物館の建物。

Australian National Maritime Museum
https://www.sea.museum/

かつてヨーロッパからオーストラリア大陸にやって来た人々の様子や海軍の歴史など、オーストラリアの海に関する資料が多く展示されています。

ちょっと足を伸ばして…

このまま更にまっすぐ行ってスターカジノに行くのも良いですし、フィッシュマーケット も遠くありません。

The Star Casino
https://www.star.com.au/

Fish Market
https://www.sydneyfishmarket.com.au/

逆にショッピングセンター側を歩いて行くと、チャイナタウン側のダーリングスクエアに出ます。(後で記載)

バランガルー

次はちょっとピアモントブリッジを渡る前に戻って、橋を渡らず北の方向 (キングストリートワーフ) へ歩きます。

キングストリートワーフは様々なクルーズの発着地でもあり、現地で申し込みも可能。

King Street Wharf
http://kingstreetwharf.com/

こんな船でクルーズするのも素敵ですよね〜!

とにかくおしゃれなレストランがたくさんあるので、見ているだけでも楽しいですよ。

そして、ここが最近新しい観光地として生まれ変わったバランガルー (Barangaroo)。数年前まで何もなかったので、びっくりするほど変わっていますが、2024年までに更に設備が整う予定のようです。

Barangaroo
https://www.barangaroo.com/

レストランやデビッド・ジョーンズショッピングセンターなどがあるので、開拓すればたくさんお気に入りの場所が見つかりそうですよね。

現在建設中のクラウンカジノも見えます。2021年に完成する予定で、オープンしたらシドニーでは2件目のカジノです。

あとは、この先にある見晴らしの良い海浜公園、バランガルーリザーブ (Barangaroo Reserve) でのんびりしたり、ロックスやサーキュラキーまで行っても良いかもしれません。

もし直接バランガルーに行きたい場合は、電車やバスフェリーで行けます。最寄駅はウェンヤード駅 (Wynyard Station) です。

ダーリングスクエア

最後にバランガルーとは正反対のチャイナタウン側に戻ります。こちら側も少し見ないうちに大きく変わりました。

Darling Square
https://www.darlingsq.com/

最近オープンしたばかりのザ・エクスチェンジ (The Exchange) という特徴的な建物には、図書館やレストラン、雑貨屋などが入っています。

その近くの路地裏感が漂う Steam Mill Lane にもカフェ・レストランがたくさん。

この辺はメルボルンを彷彿させるようなおしゃれなカフェエリアになっていて、私もびっくりしました。

良いレストランがたくさんありそうで、開拓しがいがあります。

それから、多くのイベントが行われる ICC Sydney からダーリングスクエアが見渡せますので、上ってみてください。

ICC Sydney
https://www.iccsydney.com.au/

これが上から見た景色。この広い広場でもよくフェスティバルをやってます。

ダーリングクオーター

もう少し南の方に行くとダーリングクオーター (Darling Quarter)。子供が遊ぶ場所やゆったりするスペースがあります。

Darling Quarter
https://darlingquarter.com/

のんびりと思い思いの時を過ごす人々。

ペダルが付いていて、エクササイズができるイスなんていうのもありました。

子供が遊ぶスペースには普通の遊具もありますが、水と触れ合える仕掛けがたくさんあって大人でも興味がわく場所です。

所々に水に関係するおもちゃ(?)が置いてあったり。

近くにはおなじみのマクドナルドもあります。

中国庭園

そして、中国広東省から寄贈されたという中国庭園 (Chinese Garden of Friendship)

有料にはなりますが、いつも人で賑わっています。

ちょっと足を伸ばして…

ここからだとチャイナタウンが近いですし、パワーハウスミュージアムに行くのも良いかもしれませんね。

Powerhouse Museum
https://maas.museum/powerhouse-museum/

おわりに

この地域は本当に新しくどんどん変わっているので、私自身もまだよく開拓が出来ていませんが、レストラン・カフェには困らないエリアであるのは間違いありません。

夜景もキレイなのでデートにもおすすめです!

 

他の観光地はこちら

シドニー全体の情報はこちら