オーストラリアのセブンイレブンを楽しむコツを徹底解剖!

オーストラリアのセブンイレブンを楽しむコツを徹底解剖!

旅行などで知らない土地に行くのは楽しいですが、時々心細くなる事ってないですか?そんな時、日本でもおなじみのセブンイレブンのを見たら、何だか親近感を覚えますよね。

そんなセブンイレブンはオーストラリアでよく見掛けるコンビニのひとつですが、内容は日本とは全然違います。日本のサービスに慣れていると、オーストラリアのコンビニエンスストアはコンビニエンスではないと思ってしまうでしょう。

という事でオーストラリアのセブンイレブンについて、詳しく紹介します!

※ オーストラリアのコンビニやスーパーではアルコール類は売っていませんのでご注意ください。

 

スポンサーリンク Advertisement

セブンイレブンの品揃え

オーストラリアのセブンイレブンと言うと、やっぱりスラーピー$1コーヒーですね〜!あとドーナツ。これらを求めてわざわざセブンイレブンに行く事はあります。

何故かここのセブンイレブンだけ謎に黒い看板。

肉まんやフランクフルトなんて売ってないですが、パイやソーセージロールなどのホットフード系がおいてあり、マフィンやバナナブレッドなどがあるのがオーストラリアっぽいですかね。

サンドイッチなども売っていて普通においしいですが、昼間ならわざわざセブンイレブンで買わなくてもカフェに行ったら良いのにと思うのが正直な感想。

平日の昼間なら、テイクアウェイ出来るカフェやレストランがたくさんあるので、コンビニでランチを買うとしたらよっぽど時間がない時とかですかねー。(後悔するので、間違っても巻き寿司は買わないでください。)

クリスピークリームのドーナツ

だいたいレジの近くにあるKrispy Kreme のドーナツは、めちゃくちゃ甘い物が食べたくなった時にたまに買います。

日本のクリスピークリームは分かりませんが、こちらではクリスマスやハロウィン時期になるとそのバージョンのドーナツが発売されるのが地味に楽しみです。

クリスマスバージョンのドーナツ。

1ドルコーヒー

おそらくこれ目的でセブンイレブンを利用する人は多いのではないかと思う、セルフサービスの1ドルコーヒー!

普通のカフェに行くとレギュラーサイズで 3ドル〜ドル4 するコーヒーですが、セブンイレブンでは 1ドルで買えます!

レギュラーサイズ $1、ラージ$2、スーパー$3と選べて、コーヒーの種類もカプチーノ、ラテ、フラットホワイト、ロングブラックと選べます。

コーヒーの種類については別記事に詳しく書いてありますので、そちらも参考にしてくださいね。

① 飲みたいサイズのカップを選んでマシーンにセッティング。
② サイズやコーヒーの種類をボタンで選択。

③ コーヒーが出てくるので、ピッピという音がなるまで待つ。

④ フタをして、レジで支払う。

こんな感じでコーヒーを買います。
あと、コーヒーを買うとマフィンなどが少しだけ割引になったりしますよ〜。

コーヒーが苦手な人はホットチョコレートという選択もあります。
私は買った事がないですが、アルミの蓋を取ってお湯を注ぐみたいですね。

お湯の注ぎ口

スラーピー (Slurpee)

スラーピーもセブンイレブンには欠かせない飲み物です。ふと定期的に飲みたくなるんですよね〜。

スラーピーというのは要するに、カキ氷と飲み物の中間のような感じのフローズンドリンクです。(日本のセブンイレブンでも売っている場所があると聞いたような気がするので、知っていたらすみません。)

こちらもコーヒーと同じようにセルフサービスで、スモールサイズが ¢80 なのですが、ひとつ上のラージサイズでも $1なので、私はそれを買う事が多いです。更に大きいスーパーサイズ $2、メガサイズ $3 なんていうのもあります。

ラージサイズのPine Lime Cream 味

スラーピーと一緒にチョコやポテトチップを買うとお得になったり、$5のドリンクボトルを買ったら最初のスラーピーはタダになるなど、よく色んなプロモーションをやってます。

オーストラリアで人気の Lemon Lime Bitters (ローシュガー)

しょっちゅう味も変わって楽しいんです。まあ、飲んだ後ちょっと喉が乾いたりしますけどね。

新しい味やカロリーは、スラーピーのウェブサイトでチェック出来ますので、興味があれば覗いてみてください。

ウェブサイト
https://www.slurpee.com.au

Big Slurpee の企画

余談ですが、2009年に数カ月の期間限定でニューサウスウェールズ州のコフスハーバーのショーグラウンドに高さ11メートル、1.18リットルのビックスラーピー (The Big Slurpee) が建てられた事があったようです。

(画像: http://www.campaignbrief.com)

最初の設計から設置までに4カ月以上費やしたと言われる、このスラーピーのプロモーション企画、オーストラリアらしいですね。見たかったなあ〜!

さすがにもう、公式ウェブサイトのリンクは切れてますけどね。

おわりに

だいたいこんな感じです。
オーストラリアのセブンイレブンはいかがでしたか?

日本のようなパラダイス感はないので最初は寂しかったですが、慣れればそれなりに楽しいですよ〜。