オーストラリアのセブンイレブンを楽しむコツを徹底解説!

オーストラリアにも色んなコンビニがありますが、州や町によってはセブンイレブン (7-Eleven)をたくさん見掛けます。

ただ、日本と同じ感覚で利用しようとすると、全然違うのでガッカリするかもしれませんのでお気を付けください。

私も日本ではコンビニが大好きだったので、最初の頃は「オーストラリアのコンビニエンスストアはコンビニエンス (便利) じゃないじゃん‼︎」とずっと思っていました。

…でもまあ、今考えると日本が便利過ぎるんですよね。なので、オーストラリアではオーストラリアなりの楽しみ方で慣れてしまうのがいちばんです。

※ あなたのいる町にセブンイレブンがあるかどうかは、ウェブサイトで確認してくださいね。

7-Eleven (Australia)
https://www.7eleven.com.au/

 

[adchord]

日本とは違うので注意する事

7-Elevenなぜか黒い看板のセブンイレブン@シドニー

まず、オーストラリアと日本の違いを挙げてみます。

オーストラリアのセブンイレブンもだいたい24時間営業というのは日本と変わりませんが、置いている商品も全然違うのはもちろん、店員さんの接客態度もまちまちです。値段もサンキューも言わない無愛想な店員さんがいるかと思えば、やたらフレンドリーな店員さんもいたり、人によってムラがあります。

そもそも日本とは接客に対する考え方が全然違うので、笑顔で丁寧は初めから期待しない方が良いかと思います。

そして、特に観光者が混乱しがちなのが、オーストラリアのコンビニやスーパーマーケットではアルコール類は売っていないという事。アルコール類はボトルショップに行ってください。あとコピー機もないので、それはオフィスワークスという文房具屋さんでどうぞ。

都市によっては、公共交通機関に乗る時に必要なリチャージ式のカードを買ったりリチャージしたり出来る場所として重宝します。

商品はどんなものがある?

セブンイレブンといえば、冒頭でも書いたように$1コーヒーやスラーピー、それにクリスピークリームのドーナツなどですが、もちろん他にも色々売っています。肉まんやコンビニスイーツなどは期待出来ませんけど、マフィンバナナブレッドなどオーストラリアっぽいものがたくさん売っています。

ごはん系の食べ物

7-Eleven

軽くお腹が空いた人やコンビニでごはんを済ませたい人には、オーストラリア定番のパイソーセージロールなどのホットフード系が売られています。わりとおいしいですよ。

7-Eleven

サンドイッチなども売っていて普通においしいですし、お昼時などはタイムセールを設けていたりもします。都市部なら特に、平日の昼間はテイクアウェイ出来るカフェもたくさんあるのにわざわざコンビニに行く理由は、この割引セール狙いの人もいそうです。まあ、もともとが高いんですけどね。

7-Eleven

一応巻き寿司も売っているのですが、日本人としては今のところこれは買わない事をおすすめします。理由は別記事に書いています。
ぶっちゃけセブンイレブンのお寿司はどうなのか⁉︎検証してみました

クリスピークリームのドーナツ

7-Eleven

セブンイレブンにはクリスピークリーム (Krispy Kreme) のドーナツも置いているので、個人的にこれはちょっと嬉しいです。めちゃくちゃ甘いですけどね。

セルフの所もありますが、大概はレジにショーケースがあって、注文すると店員さんが取ってくれます。

7-Elevenクリスマスバージョンのドーナツ。

1ドルコーヒー

7-Eleven

そして、オーストラリア人にも大人気の$1コーヒー!

ちまたではおいしいコーヒーが溢れているオーストラリアで、ちょっとカフェよりは味が落ちるセルフサービスのコーヒーはどうなのか…と思いきや、これが目的でセブンイレブンを利用する人も結構いると思います。最近はコーヒーマシーンの台数を増やしたり他のコンビニが真似をしたりしている繁盛ぶりです。

確かにカフェに行くとレギュラーサイズで $3ドル〜$4 はしますが、セブンイレブンだとレギュラー $1、ラージ$2、スーパー$3なので、かなり経済的。コーヒーの種類もカプチーノ、ラテ、フラットホワイト、ロングブラックと選べます。
コーヒーの種類を把握してオーストラリアのカフェ文化を楽しもう

セブンイレブンの$1コーヒーは、自分でコーヒーを注いでレジに持っていく仕組みです。ボタンひとつなので簡単ですよ。

7-Eleven

① 飲みたいサイズのカップを選んでマシーンにセッティング。

7-Eleven

② サイズやコーヒーの種類を選んでボタンを押す。

7-Eleven

③ コーヒーが出てくるので、ピッピという音がなるまで待つ。

7-Eleven

④ フタをして、レジで支払う。

7-Eleven

コーヒーが苦手な人はホットチョコレートという選択もあります。アルミの蓋を取ってお湯を注ぐみたいですね。

7-Elevenお湯の注ぎ口

ドリンクを買うとマフィンなどのスイーツが少しだけ割引になる事もありますので、チェックしてみてください。味も悪くないですよ。

スラーピー

7-Eleven

それからスラーピー (Slurpee) です。スラーピーというのは要するに、カキ氷と飲み物の中間のような感じのフローズンドリンクで、オーストラリアのセブンイレブンでは必ず置いています。

日本のセブンイレブンだと置いている店舗は少ないようなので、オーストラリアに来たら試してみてはいかがでしょうか。

7-Eleven

こちらもセルフサービスになっていて、自分でカップにスラーピーを入れたらレジに持っていって支払いをします。

スモールサイズが ¢80 と安いのですが、ひとつ上のラージサイズでも $1 なので、私個人はそのサイズを買う事が多いです。更に大きいスーパーサイズ $2、メガサイズ $3 になってくると、ちょっと多いかな?と思うので。

7-Elevenラージサイズのカップ

味もしょっちゅう新しいものが出てくるので、今日は何味があるんだろう?と飽きさせません。

7-Eleven

こちらも、スラーピーと一緒にチョコやポテトチップを買うとお得になるなど、色んなプロモーションをやってます。
ハマるとやめられない⁉︎セブンイレブンのスラーピー

セブンイレブン限定商品

OAK

あと、セブンイレブンしか売っていない限定商品なども時々発売されるようです。こういう限定品に弱い人は要チェックですね。

オーク (OAK) の限定フレーバードリンクを試してみた!
ラミントン味のポテトチップス⁉︎ミートパイ味もあるよ!

荷物が送れるようになっていた!

7-Eleven

これは2020年になってから気付いたのですが、いつのまにかセブンイレブンから荷物が送れるようになっていました。

詳しくはこちらから。

おわりに

日本のコンビニが大好きだった私は、あまりにも日本と違う様子に最初は日本のコンビニが恋しくて恋しくてたまりませんでしたが、今はそれなりに楽しんでます。きっと、コンビニエンスの基準が下がったからですね。

あれがないこれがないと言うよりも、違いを楽しむのが良いですね〜!

オーストラリアのスーパーマーケットはこちら

Down Under オーストラリア

今日のご飯を買ったりお土産を選んだり、誰もが必ず利用するスーパーマーケット。オー […]…