絵で見る南半球の星空

絵で見る南半球の星空

この間、夜中に目が覚めて眠れなくなってしまったので、窓の外をしばらくぼーっと眺めてました。

そしてつくづく思ったんですが、シドニー市内って真夜中でも明るいんですよね。
アパートの周りはビルだらけでオフィスも多く、一晩中電気がついていて星なんてほとんど見えません。

午前3時40分

そう言えば、いつから星を見なくなったんでしょう。
昔は南半球の星空が珍しくて、しょっちゅう南十字星を探して遊んでたんですけどね。

 

スポンサーリンク Advertisement

南半球の星空

オーストラリアは南半球にある国。
北半球の日本と違って、北へ行くほど暑くなり南に行くほど寒くなり、季節も日本と真逆です。

星空を見上げると北半球では見れない星座もあり、日本で見えていた星も逆さまに見えます。

何故かって?
そりゃあ、北半球から見ると空を逆さまに見ている事になるからです。

だから角度的に南半球でしか見えない星座もありますし、北半球で見えていたおなじみの星座が南半球では逆さまに見えるので、最初は不思議な気がするかもしれません。

月も同様に満ち欠けが北半球と南半球では逆方向から欠けていくので、最初はすごく違和感でした。
反対側から見ているので、考えると当たり前なんですけどね。

そして南半球の星座の名前はユニークなものが多いんですが、理由は大航海時代にありました。

15世紀頃から17世紀にかけて西洋人たちは新大陸を求めて海に出るようになり、今まで見たことのなかった南半球の星座が発見されていきます。

星は航海の目印に重要な役割を果たしていたので、多くの天文学者が新星座を作り名前が付けられました。

だから南半球の星座にはギリシャ神話などの昔から由来するものよりも、近代的な航海の道具や当時珍しかった南半球の動物の名前が多いんです。

この頃たくさんの天文学者が作った星座はどんどん増えて混乱して来たので、1928年に国際天文学連合(IAU)によって88星座に整理されました。
なので、現在の星座は全世界で88種類という事で確定されています。

古代より様々な国・時代で観測されて来た星たち。

昔の人は星と星を結んで名前を付けギリシャ神話になぞったり、暦や占いに星を利用して来ました。その原型は現代にも受け継がれています。

2世紀頃にギリシャの天文学者プトレマイオスによって整理された48星座の多くは、現在の88星座にも含まれています。

南十字星を見つけよう

南半球の星座と言えば、何と言っても南十字星。
正式にはみなみじゅうじ座 (Crux)と言い、英語ではサザンクロス(Southern Cross)と呼ばれています。

オーストラリアの国旗右側にもこの南十字星が入ってますよね。

この南十字星は赤経12.5度、赤緯マイナス60度に位置し、天体の中では最も小さい星座です。

日本でも南の方で何とか見る事が出来る星座ですが、オーストラリアならコツさえ分かれば簡単に見付ける事が出来ます。

昔、バイロンベイで撮った南十字星の写真をアップしようと思ったのですが、ここに載せるても真っ黒で何も見えなさそうなので、代わりに絵で説明しますね。

やっぱりきれいに星を撮ろうと思ったら、一眼レフなどそれなりの道具が必要。10年以上前のデジカメじゃ、ね。

さて、南十字星を探す時は、まず南の空を見てください。

少し田舎の方へ行くと天の川 (Milky Way) もきれいに見えます。
南十字星はその天の川上にありますので、とにかくキラキラ輝く大きな目立つ星を探してください。

ケンタウルス座の脚の部分、αとβと呼ばれる大きく輝く星の近くに南十字星はあるはずです。

星座は季節によって角度が変わるのですが、ケンタウルス座のαとβを目印に探せば分かりやすいですし、南十字星にそっくりなニセ十字 (False Cross) と間違わなくてすみます。

ニセ十字というのは、りゅうこつ座とほ座から出来る南十字星にそっくりな星で正式な星座ではないのですが、間違いやすいのでこう呼ばれています。

目が良ければ、南十字星の左下にある石炭袋 (コールサック Caldwell 99) と呼ばれる一部暗くなっている部分が肉眼でも見えるかもしれません。(次の絵を参照。)

αやβというのは星の明るさで、明るい順にα(アルファ) →β(ベータ) → γ(ガンマ) → δ(デルタ) → ε(エプシロン) → ζ(ゼータ) → η(エータ) → θ(シータ) …と続いていくので、ケンタウルス座のαとβと南十字星はかなり明るい星という事になります。

ちなみに昔のアボリジニの人たちは、南十字星の事を赤エイ、石炭袋をエミューが卵を抱く姿、ケンタウルス座のαとβをサメに見立てていたそうですよ。

南半球でしか見れない星座たち

それでは南半球でしか見る事の出来ない星座などを紹介しますね。

北半球の日本から見えない星座は、みなみのさんかく座 (Triangulum Australe)、くじゃく座 (Pavo)、ふうちょう座 (Apus)、はえ座 (Musca)、カメレオン座 (Chamaeleon)、はちぶんぎ座 (Octans)、テーブルさん座 (Octans)、みずへび座 (Hydrus)、とびうお座 (Volans)です。

星座の名前の英語はラテン語なんです。

それにしても、聞いたこともないような名前がたくさんありますよね?
ちょっと意味が分からないので、調べてみました。

☆自然☆
エリダヌス座 (Eridanus) … 場所には諸説があるが、川の名前。
テーブルさん座 (Mensa) … 南アフリカのテーブル山。

☆動物☆
きょしちょう座 (Tucana) … 南米の鳥。
ふうちょう座 (Apus) … ニューギニアに生息する鳥。

☆道具☆
がか座 (Pictor) … 画架、絵を描くイーゼルの事。
ちょうこくぐ座 (Caelum) … 漢字で書くと『彫刻具』。
はちぶんぎ座 (Octans) … 天体観測に使われる扇型をした八分儀という道具。
りゅうこつ座 (Carina) … 船の構造のことで漢字で書くと竜骨。
レチクル座 (Reticulum) … 天体望遠鏡のレンズに着ける十字の目印。
ろ座 (Fornax) … フラスコを加熱する為の炉。

なるほど〜!ひらがなで書かれると、読みにくいですよね(^_^;)

ちなみに北半球では明るい北極星 (Pole Star, Polaris) を見付ければ北の位置が分かりますが、南半球には南極星に当たる星がありません。

はちぶんぎ座の中に南極を示す星があるにはありますが、暗くてよく見えないので普通は南十字星を目印に位置を測ります。
南十字星の縦に長い部分を4.5倍伸ばした場所が南極です。

星雲も要チェック

星座の他に、是非見ておきたいのが星雲です。

南十字星の右側、ニセ十字との間にあるエータカリーナ星雲 (Eta Carina Nebula) という赤く明るい星雲は、肉眼でも見えるかもしれません。

この星雲は19世紀頃に起きた大爆発で発生したのではないかと言われていて、大量のガスやチリによる散光星雲というタイプの星雲です。

この星雲の中心にあるエータカリーナは銀河系で一番明るい恒星で、地球から6万5千光年離れていると推定されています。

そして大マゼラン雲と小マゼラン雲 (Magellanic Clouds, Nubeculae Magellani)。

肉眼では雲のように見えますが、銀河系をまわっている星の集まりで、伴銀河 (Satellite galaxy)と言うらしいです。

地球から大マゼラン雲は約15万光年、小マゼラン雲は約17万光年離れている銀河の一部なんです。

星座を英語で覚えよう!

せっかく星座の話題なので、星座の話をしても困らないように12星座の英語も載せておきますね!

12星座は英語でZodiac Signs、一般的な星座はConstellationと言います。

天文学はAstronomy、占星術はAstrology。
占いで使う天体配置図はHoroscopeですね。

牡羊座 (Aries)

牡牛座 (Taurus)

双子座 (Gemini)

蟹座 (Cancer)

獅子座 (Leo)

乙女座 (Virgo)

天秤座 (Libra)

蠍座 (Scorpio)

射手座 (Sagittarius)

山羊座 (Capricorn)

水瓶座 (Aquarius)

魚座 (Pisces)

ついでに惑星も覚えよう!

念の為、惑星の英語も載せておきます。

水星 (Mercury)

金星 (Venus)

地球 (Earth)

火星 (Mars)

木星 (Jupiter)

土星 (Saturn)

天王星 (Uranus)

海王星 (Neptune)

冥王星 (Pluto)

地球ですが、カタカナ発音で「アース」と発音してしまうと、ネイティブにはAss (肛門) に聞こえてしまうので注意してくださいね。ˈəːθ(イギリス)、ˈɚːθ(アメリカ) です。

まとめ

以上、南半球の星空とそれにまつわる英語でした。

天体観測する時は、明かりの少ない新月がベストだと言われていますが、オーストラリアではちょっと内陸へ入っていくとすごい星の数です。

外はじわじわ冷えてくるので、暖かくして星空を見上げてみてくださいね。