スーパーマーケットについて

スーパーマーケットについて

現地の事を知りたかったら、スーパーマーケットに行ってみるのは良いアイディアだと思います。
普通に地元の人たちが利用している場所だから、そこから色んな事が分かりますよね。

私は今でこそ慣れてしまったので特に感動も何もありませんが、私も初めてオーストラリアに来たばかりの頃は、日本とは全然様子が違うオーストラリアのスーパーマーケットは何もかもが新鮮で面白かったのを覚えてます。

今、自分が昔撮った写真を見直してみると、その時の驚きや面白さが伝わって来ます。
これはもう私にはなくなってしまった感覚ですが、やっぱり写真って良いですね〜。その時の事がリアルに思い出せます。

今回は、その頃の写真と共にオーストラリアで売られている日本ではあまり見ない物を紹介したいと思ったのですが、でもまずその前にオーストラリアのスーパーマーケットについて簡単に書いておこうかと思います。

代表的なスーパーマーケット

有名なスーパーマーケットはいくつかありますが、その中でも代表的な2大スーパーマーケットと言えば、ウールワース(Woolworths)コールス(Coles)です。

特にウールワースはウーリー(Woly)という愛称でオージーたちに親しまれていて、数もオーストラリアで一番多いスーパーマーケットです。

アイジーエー(IGA)というスーパーマーケットもよく見かけます。
私的に、ここは小洒落た物が置いてるスーパーというイメージですね。あと田舎の方にあるようなイメージも。

どのスーパーが安いか

安さは節約を考える人なら大切な要素ですよね。
お肉はコールスの方が安いとかパンはウールワースだとか色々あるみたいですが、日によっても特売日とかもありますし、節約上手の人は双方の値段をよく比較して買い物してる人も多いです。

以前テレビで “どこのスーパーがトータル的に安いか!? ” という番組をやっていたんですが、比較してみるとウールワースよりもコールスの方が若干安いそうです。

どちらも各自のホームブランドを持っていて、それらは普通の商品よりも安く購入出来ますし、物によってはオーガニックの物もあります。

IGAは値段的にはそんなに安くないですが、IGAにもBlack & Gold というホームブランドがあります。
昔働いてた僻地のファーム周辺にはIGA一件しかお店がなくて、キッチンがBlack & Goldの黄色だらけでした(笑)

でも何と言っても一番安いスーパーマーケットは…。

アルディ(ALDI)というドイツが発祥のスーパーマーケットです。
本当に安いし、ここにしかない商品も色々あるみたいです。
ちなみにここは、商品を入れるレジ袋が欲しければ有料(¢50)なので、買い物バックを忘れずに持って行った方が良いですね。
オーストラリアも環境について関心のある人が多いので、レジ袋が有料な所が時々あります。

オーストラリアのスーパーマーケットの基本

日本とオーストラリアではスーパーマーケットの仕組みが少し違うので、初めてオーストラリアに来て戸惑う人もいるかもしれません。

まずスーパーマーケットに入る時は、入り口と出口が違う所も結構あるので、Entrance(入り口)なのかExit(出口)なのか見た方が良いです。だいたい分かりやすく表示してあると思います。

レジではキャッシャーがいるレジとセルフサービスのレジと2種類あって、並ぶ所が違いますので間違えないように気を付けてくださいね。どっちが良いかは好みです。

キャッシャーがいる場合は普通にキャッシャーがレジの清算してくれ、商品を袋に入れてくれます。が!ここで日本と違うのは、自分で買い物カゴの中から商品を外に出してキャッシャーさんの前に置く所が多いという事。
分からなければ、前の人がどうやっているかよく観察すると良いと思います。

こちらのキャッシャーはあまり急ぐという概念がないらしく、お客さんがずらっと並んでいても気にせず隣のスタッフとペチャクチャおしゃべりしていて手が遅く、イライラさせられる事があるかと思います。
これはもう仕方ないので気長に待ってください。

セルフサービスの場合は自分でバーコードを機械に読み取らせて、自分で商品を袋に入れます。
オーストラリア人は現金を持たずにカードで支払いをする人が結構いるので、カードでしか使えない台があるので確認してくださいね。
スタッフが「Cash or Card?(現金ですか、カードですか?)」と聞いてくるかもしれません。

お店から外に出ようとしたら出口でよくカバンの中を見せるように求められる事があり、たまにショックを受ける人がいるみたいですけど、それは別に怪しいと疑われたからではないですので(多分 笑)、気にしなくて大丈夫です。
絶対万引きした物が入ってても気が付かなそうと思うくらい適当にカバンをチェックする人も多いので、単に形式的な事と思ってください。

環境に優しいエコバッグ

ALDIは有料で買った物を入れる袋を提供していますが、WoolworthsやColesのレジ袋も重いものを入れるなら二重にしないと破けそうなくらいペラペラです。
(アジア系のスーパーマーケットに行くと、分厚くて丈夫なレジ袋にビックリします。)

レジ袋を使わないように、各スーパーマーケットで売っているエコバッグを購入して、買い物の度にそのバックを利用する人も多いです。お会計の際にレジの人にバックを渡せば、レジ袋の代わりにその中に商品を入れてもらえるんです。
エコバッグはとても丈夫な作りになっていて、一度購入するとかなり長く使えます。

時々期間限定でおしゃれなデザインの物とかも売られていたりして、値段も$2、3程度。普通にカバンとして使っている人もよく見かけます。

下の写真は服屋さんやMyerというオーストラリアの百貨店のエコバッグなど。右上の緑のエコバッグはスーパーマーケットで買える一番ベーシックなデザインです。

安くて丈夫!という事で、ワーホリには必須アイテムと言えるかもしれません。
普段使いにしている人もいれば、旅行中に荷物が増えた時など様々なシーンで大活躍。
日本へのお土産にしてる人もいました。

カードを作るという手も

もし長期滞在するなら、そのスーパーのカードを作るのも良いですよ。
カードを持っている人だけ割引きとか◯日までに$◯買い物すれば次回割引きになるとか、色々お得キャンペーンがあります。

買い物をする度にポイントが貯まって、そのポイントが貯まるとカタログから好きな商品がもらえるらしいのですが、これはかなり貯めないと難しいので私はあまり恩恵を受けていませんが、ポイント2倍キャンペーンもありますし、同系列のボトルショップ(酒屋)や家庭用品店などでもポイントを貯めれます。

ちなみに系列店。

Woolworths ー BWS, Dan Murphy’s, BIG W,  Dick Smith など
(全部の系列店でポイントがもらえるのかは分かりませんが、BWSやBIG Wではもらえます。)
https://www.woolworthsrewards.com.au

Coles ー Kmart, Target, Liquorland など
https://www.flybuys.com.au/home#/

おみやげはスーパーが安い

ちなみにおみやげを買うなら、同じ商品でもおみやげ屋さんよりこういうスーパーマーケットの方が安いですよ!
スーパーによっては “いかにもお土産” という感じのコアラの写真などがついたチョコレートとか品揃えが良い所もありますし、運が良ければTim Tamなどのお菓子が割引きになってるかもしれません。
時々オーストラリアのお菓子じゃない物もあるので、そこは注意してくださいね(笑)

※Tim Tam について、ここ10年間の限定味をまとめてます。時々スーパーにしか置いてない限定の味が出る事もあるので、おみやげには最適です。
ここ10年の期間限定Tim Tam!

オーストラリアはもともとイギリスの流れを汲んでいるので、イギリス文化が根強く残っていて、ショートブレッドとか紅茶とかイギリス的な物もおみやげとして売られていたりします。

下の写真はMade in Australia のマカダミア味ショートブレッド。

 

こんな感じでざっと説明しました。
では次は実際にスーパーマーケットで発見した面白い物に焦点を当てていきますね。
スーパーマーケットで見つけた面白いもの