フランス仕込みの洗練された本格的なチョコレート『Coco Chocolate』

こんなに心が躍るチョコレート屋さんがあるなんて!と、久しぶりに胸がときめいてしまったココチョコレート (Coco Chocolate)は、キリビリにあるチョコレート専門店です。

目立たない場所にある小さなお店ですが、店頭に並ぶチョコレートはアーティスティックで洗練された雰囲気が漂っていて、どれも本当に素敵。

 

ここの商品は、オーストラリアの高級デパート David Jones や、シドニーのモスマンにある Accoutrement、ニューサウスウェルズ州発祥のスーパーマーケット Harris Farm、それから高級食品や職人の作った商品を売るお店などでも取り扱われているそうです。

もちろん国内であればオンラインでも買えるので、ウェブサイトを見てみてください。

 

思わず「かわいい!」と声が出てしまうチョコレート屋さん

Coco Chocolate

キリビリのメインストリートから少し横道に入ったところにある『ココチョコレート (Coco Chocolate)』は、こじんまりしていますが、かわいらしい外観のお店です。

Coco Chocolate
3a-9b Broughton St/ Bligh St, Kirribilli NSW 2061
https://cocochocolate.com.au/
火〜土 10am–6pm / 日 10am–2pm

 

Coco Chocolate

このお店の創始者レベッカ・ナイツ (Rebecca Knights) さんは、フランスの名門校でショコラティエとして修行をした後、イギリスで10年自分のお店を経営。ロンドンの高級デパート Harvey Nichols にも出店していた経験があります。

そんな彼女ですが、故郷のシドニーに戻りたい気持ちが強かったようで、2004年にこの比較的静かなエリアであるキリビリにお店をオープンしました。

チョコレートが素敵なのは、そういう経緯があるからなんですね。

Coco Chocolate

たくさんのチョコレートが並んでいる店内は、見ているだけでワクワクしてしまいます。

Coco Chocolate

ファインチョコレートなので値段は高めですが、$7〜$12くらいの小さいボックスもあります。高いものは$45〜なので、プレゼント用にも喜ばれそうです。

レベッカさんの書いたシャンパンの本もあります。

Coco Chocolate

かわいらしい絵の描かれたボックスに入ったオーガニックのダークチョコレートでコーティングされているチェリーチョコレート (10粒$45.95)。これをもらった人は、きっと嬉しいでしょうね〜。

そしてちょっと分かりにくいですが、写真右側にあるタトゥーチョコレート ($45) もかわいいんですよ。

Coco Chocolateウェブサイトから画像をお借りしました

ベティ・ペイジをイメージしたボックスにタトゥーアートがプリントされた四角いチョコレートは、ミルク、ホワイト、ダークの3種類。豹柄のリボンはロンドンから取り寄せたものなんだそうです。

そういう絵がプリントされたチョコレートも多く売られているようなのですが、実際にお店に行ってみると中身が見れないようになっていたボックスも結構あったので、事前にネットで確認して目星をつけておいても良いかもと思いました。

Coco ChocolateThe Coco Siren Collection

ちなみにココチョコレートのベストセラーは、このセイレーンコレクション ($49.94) だそうです。あー、かわい過ぎますよね。

 

Coco Chocolate

食べたいと言われると分かりませんが、ピンクの箱に入ったベーコンとメイプルシロップのチョコレート ($12.95) なんていうのもあります。

オーストラリア産のベーコンとカナダ産のメイプルシロップ味で、ミルクチョコレートとダークチョコレートの2種類。うーん、どんな味なんでしょう…。

そして写真の右下にはこのお店を知るきっかけになったウェンディシークレットガーデンとコラボのチョコレート ($12.95) も写ってますね!

店員さんに許可をもらって写真を撮らせてもらったのですが、素敵なチョコレートがたくさんあり過ぎて、お店にいる時には気付いてませんでした。

関連記事

シドニーには隠れた名所がたくさんありますが、ラベンダーベイにある『ウェンディズ・シークレットガーデン (Wendy’s Secret Garden)』もそのひとつです。オーストラリアの最も有名なアーティストのひとり、ブレット・ホワイ[…]

Wendy’s Secret Garden

 

Coco Chocolate

直径10cmある大きなコインチョコレート ($9.95) もインパクトあります!

Coco Chocolate

そして、面白かったのがこちらのピカソのチョコレートパズル ($19.95)

「え、パズルってパズル??」と思って店員さんに聞いてみると、チョコレートがパズルになっているとのこと。

興味津々だったので、$20くらいなら、と思ってパートナーのバレンタインデーチョコレートとかこつけて買ってみることにしました。

Coco Chocolate

パートナーに渡した時「本当にチョコレート?そうだと祈るよ」なんて言われたので一瞬不安になりましたが、ちゃんとチョコレートでした!面白い‼︎

Coco Chocolate

全部の箱を集めたいと思ってしまうようなかわいい絵がついた小さいチョコレート ($7.95) もありました。

Coco Chocolate

ジンジャービアとピンクジンを買って食べてみることに。

Coco Chocolate

ジンジャービアは、かすかにパチパチと弾けるホッピングキャンディーが入っていて、ほんのりとジンジャーの味。ピンクジンはジンの味がしたかは分かりませんが、おいしかったです。

 

Eri
Eri
まあまあ高いからたくさんは買えないけど、定期的に来て色んなチョコレートを買ってみたい〜!

気になるチョコレートがいっぱいあり過ぎて、私にもまだ物欲が残ってるんだなと思いました (笑)

ココチョコレートへの行き方

Kirribilli

ココチョコレートのお店は、ミルソンズポイント駅のすぐ近くです。

Kirribilli

Broughton Street の駅の反対側を渡って、ひときわ目立つ教会 (The Bridge Church) を正面に見たら右側に歩きます。

Coco Chocolate

『Kirribilli Village Cafe & Ristorante』が見えたら、そこを左の Bligh Street に曲がるとすぐです。

Coco Chocolate

よく見ると、看板が出てるんですよ。

Coco Chocolate

こちらがそのお店。

 

そしてシドニー郊外のモスマンには、ココチョコレートのチョコレートスクールもあり、そこでチョコレートの作り方を学んだり、ハイティーパーティをしたりも出来ます。

モスマンのチョコレートスクール

シドニー・チョコレートスクールは、モスマンのシドニーハーバー国立公園、ミドルヘッドにあります。

Sydney Chocolate School & Coco Chocolate Studio
Building 21, 1110 Middle Head Road, Mosman NSW 2088
https://cocochocolate.com.au/
予約のみ

 

スクールのバルコニーを貸し切るか、スクール前のバーベキューエリアの芝生 (バブリックスペース) を利用してハイティーパーティやチョコレート作りパーティも可能です。(6人〜)

子供の誕生日、ヘンズパーティ、企業や団体グループ、結婚式など様々な目的で利用されていて、スクールはアルコールライセンスもあるのでスパークリングワインなども提供可能とのこと。
また、2011年に設立された伝統的なフランスのチョコレート作りを学べるチョコレートスクールでは、通年の毎週金曜日、土曜日、日曜日にクラスが開催されています。

過去15000人の受講生がいるとのことですが、現地に行くのが大変な人には40分のオンラインクラスもあります。

カカオの歴史やカカオからチョコレートになるまでの製造工程、テンパリングとは何か、本物のチョコレートの見分け方などを自宅に送られてくるテイスティングパックで実際に味を確かめながら学べ、修了書ももらえるそうです。

興味がある人はウェブサイトで確認してみてくださいね。

おわりに

シドニーの中心部から少し離れた静かなサバーブにある素敵なチョコレート屋さん。ちょっと隠れ家っぽくもありますね。

本当にとてもかわいいので、気になる人は要チェックです!

NO IMAGE

Acknowledgement to Country

This website would like to acknowledge Aboriginal and Torres Strait Islander people, the traditional custodians of this land and pay our respects to Elders both past and present.このウェブサイトは伝統的な土地の所有者であるアボリジナルおよびトレス海峡諸島の人々、そして過去と現在の長老に敬意を表します。