いつか欲しい憧れの手作り家具 Artisan Collection の Porto シリーズ

2016年のある冬、シドニーのセントレナーズ駅近くのパシフィックハイウェイ沿いを歩いていると、ある家具屋さんのショーウィンドウの前で目が釘付けになりました。

「か、かわいい‼︎」

Furniture

ここら辺は家具屋さんが多く、私はそれをショーウィンドウ越しに眺めるのが好きだったのですが、思わず店内に入ってしまったのはこの時が初めてです。

いつかこういう家具をポンと買えるくらいお金を稼ぐようになりたいなあ、なんて思ってしまいました。

 

一目惚れした憧れの家具

Furniture

こちらがその家具があったお店です。手前の黄色いソファーもかわいらしいですが、私が惹かれたのは右奥のチェストです。

…とは言え、シティのアパート暮らしの我が家は狭い上にもともとパートナーの持っていた荷物や家具でギチギチですし、値段を見るとやっぱり$2000〜$3000はするのでとても買える状態ではありません。

それでもかなり私のストライクゾーンで、好きなものは好きなのです。

「もしこういう家具が家にあったら、私の生活の質は一気にドーンと上がるのになあ…」なんて思い、とりあえずこの写真をスマホの待ち受け画面にしてました。

 

気が付けばそれから4年、すっかり忘れかけていたのですが、最近またこの家具を目にする機会があったんです。

Further

まあ、家具屋さんのチラシでですけどね!

 

わああ、この家具は‼︎

そして分かったのですが、この家具、『The Artisan Collection』の “Porto” というシリーズで、技術のある職人さんによって手作りされているようです。ああ、そりゃ高いわ…。

オーストラリアの人のためにデザインされたというコンセプトのこのコレクション、やっぱり素敵だなあ〜と。

Further

家具というのは部屋の雰囲気を決定付けさせる重要なものですし、常に目に入る物なので本当に気に入った物だけを取り入れたいと常々思っているんですよね。だから、いつか新調するとしたら絶対にこんなのが良いです。(夢見ても良いじゃん)

うちのパートナーは、放っておくと安いという理由でロクでもない家具を買って来る人だから、こういう家具にお金を掛けたい気持ちは分からないかな…。

以前、パートナーが勝手に買って来た家具が嫌い過ぎて何度か大喧嘩した事があり、それ以来パートナーは必ず私に相談してから買うようになりましたけどね。

Furniture

ああ、見てるだけでテンションが上がります〜‼︎

Further

家具の写真をチラシから切り取ってみました。まあ、とりあえずこれで我慢しておきます (笑)

おわりに

という事で、ネット上のスクラップ帳的な感じで記事にしてみました。これで忘れてもまた思い出せるでしょう!