世界の国名と位置を楽しく覚えられる、私イチオシ世界地図パズルゲームのアプリやってみて!!

2021年7月現在、東京オリンピックが開催されていますが、開会式ではあまり聞き馴染みのない国もあったのではないでしょうか?

それで思い出したのが、世界地図パズルのアプリ。私はかつて、このゲームのお陰で自然と無理なく、しかも楽しく国を覚えられたんです。

なので、遊び感覚で国名や位置を覚えたい人、パズルゲームが好きな人は絶対にやってみて欲しいと思いました。

別にオリンピック観てないよという人でも、世界の国々の名前や位置を知っておいて損はありませんよね⁉︎

Eri
特にオーストラリアでは、様々なバックグラウンドを持つ人と触れ合う機会も多いですしね。

という事で、私が昔どハマりしていた世界地図パズルの無料アプリを紹介します!

あそんでまなべる世界地図パズル

World Map Puzzle

そのアプリゲームはEnjoy Learning World Map Puzzle、日本語名はあそんでまなべる世界地図パズルです。

オーストラリアの App Store でも Google Play でも、どちらでも無料でダウンロード出来ます。

App Storeこちらから
Google Play→ こちらから

上のリンクはオーストラリアのものなので、日本の App Store や Google Play を使用している人は、そちらからダウンロードしてください。

World Map Puzzle

Eri
Eri
評価は5点中の4.8になってます。ね、良さげでしょ?

アプリをダウンロードしたら、プレイ開始です!

各セクションの説明

World Map Puzzle

アプリを開くと、こんな画面が出て来ます。

セッティング

World Map Puzzle

まずは『セッティング』から言語を選びます。

そう、このゲームは日本語と英語対応なんですよ、良くないですか⁉︎

今回のオリンピック開会式で、国が入場する時に呼ばれる英語と日本語の国名を聞いて「全然違うやん!」と思った人もいるかもしれません。でも、このゲームで日本語と英語両方で遊んでいれば、自然と覚える事が可能なんですよ〜!

なので、慣れたらぜひ日本語バージョンと英語バージョンどちらも挑戦してみてください!

ビュー

World Map Puzzle

そして『ビュー』では、ゲームの前にどんな国があるのか事前確認が出来ます。右上の “表示” をタップすると地図に地名が表示されるという機能も。

…が、私個人的には実際にゲームをしながら実戦で覚えていく方が早い気がしますけどね。

ギャラリー

World Map Puzzle

『ギャラリー』は、ゲームをクリアするたびに “?” のパネルに絵が増えます。

私は数年前に一応すべてクリアしてしまったのですが、数えたら全部で27パネルありました。

ハマるポイント 1: ゲームをクリアして少しずつパネルが埋まっていくのが楽しい

という事で、さっそくゲームを始めましょう‼︎

ゲームの遊び方

まずは基本的な遊び方を説明します。

World Map Puzzle

下から国を選んだら指でスライドさせながら、上の地図の正しい位置に持って行きます。正解だったらカチッとはまるはずです。

最初はアシストを大いに活用して位置を覚えていくのがおすすめ

最初のうちは国がどの位置にあるのか分からない事も多いと思います。そんな時は、右上の “アシスト” をタップしてください。

World Map Puzzle

アシストをタップしたら、下から場所を知りたい国をタップ。そうすればサークルが現れて、正しい位置を教えてくれます。

位置を覚えるまでは大変かもしれませんが、焦らずに少しずつ。そう考えると結構地道なゲームかもしれませんね。

ハマるポイント 2: 早く正確な位置を覚えたくなる

位置を覚えて慣れて来たらタイムも意識

World Map Puzzle

ゲームを始めると、自動的にクリアするまでのタイムをはかってくれます。でも、制限時間が設けられていないので、自分のペースで出来るのがまた良いところ。

もっと慣れたら、ランキングにチャレンジしてみるのもありです。

ちなみに上の記録は、いちばん難しい『マニアックモード』のもの。私、頑張ったのですが、どうしても10分の壁を越えられていません。

Eri
Eri
誰か、この記録を破れる⁉︎
ハマるポイント 3: タイムを競える (自己最短記録に挑戦)

 

で、肝心のゲームですが、様々な種類が用意されてます!

ゲームを選ぶ

World Map Puzzle

『ゲーム』をクリックすると色んな項目が出て来ます。上から順番に見ていきましょう。

クイック

『クイック』は、20カ国がランダムで出題されるモード。なので、ちょっとだけ遊びたい人におすすめです。

ワールド

『ワールド』は4種類があるのですが、これ全部クリア出来れば、それ以降のゲームはどれも簡単にパス出来るでしょう。それくらい最も難関!…というか、国が最も多く出題されるので、ちょっと大変なんです。

なので、本当は『ワールド』よりも、この後に紹介する『エリア』から始めた方が良いと思います。…がとりあえず先に説明しますね。

  • ベーシック
    176の国と地域の境界線があるモード
  • エキスパート
    176の国と地域の境界線がないモード
  • マスター
    面積の小さい国も含めた境界線があるモード
  • マニアック
    面積の小さい国も含めた境界線がないモード
境界線がある・ないの違い

まずは境界線のある・なしの違いですが、こんな感じ↓です。

World Map Puzzle

境界線があるモード

 

World Map Puzzle

境界線がないモード

 

境界線がある方は形で何となく位置を予想が出来なくはないですが、境界線がないモードになると本当に分かってないと難しいですよね。

 

で、最初に176の国と地域バージョンの『ベーシック』『エキスパート』をクリアしたら、いよいよ面積の小さい国も含めたバージョン『マスター』『マニアック』に進みます!

面積の小さい国の小ささがハンパない‼︎

この面積の小さい国が含めたバージョン、難易度がグッと上がります。というのも、面積の小さい国の小ささがすごいんです!

例えば見てください。

World Map Puzzle

パラオ、小さいですよね?でも、こんなのは序の口です。

 

World Map Puzzle

ミクロネシアは小さな島々がたくさん集まっている国なのですが、めっちゃ小さくないですか?

でもまだまだ!

 

World Map Puzzle

今話題のナウルはこちらです〜!

 

World Map Puzzle

モナコなんて、小さすぎて「肉眼で見えますか?」と思ってしまうレベル(笑)

こういう国が、たくさんあるんですよ。

Eri
でも、これさえクリア出来るようになれば、他のセクションはおまけのようなものです!

エリア

『ワールド』は世界全体でしたが、好きなエリアを限定して遊べるモードが『エリア』です。

  • アメリカ
    北アメリカ・南アメリカ
  • 東アジア、オセアニア
    東アジア・東南アジア・オセアニア
  • 西アジア
    西アジア・南アジア・中央アジア
  • ヨーロッパ
    ヨーロッパ・ロシア
  • アフリカ

これは説明するまでもありませんよね。

セレクション 1

そして『セレクション 1』は、テーマ別に国が出題されます。

  • 時事
    世界のニュース
  • サッカー
    サッカー強豪国
  • オリンピック
    メダル獲得数の多い国
  • コーヒー豆産地
    コーヒー豆の主要原産国
  • 人気海外旅行先
    日本からの人気海外旅行先

『世界のニュース』って何?と思ったんですが、どうやら今世界でニュースになっている国のセレクションみたいです。

そして『オリンピックのメダル獲得数の多い国』は、今回の東京オリンピックが終わったら、アップデートされるのでしょうか?

ちなみに、最後の『日本からの人気海外旅行先』には、もちろんオーストラリアも入ってます(笑)

セレクション 2

『セレクション 2 』は、テストに出てきそうな問題ですね。

  • EU
    欧州連合に加盟している国
  • NATO
    北大西洋条約機構に加盟している国
  • APEC
    アジア太平洋経済協力に加盟している国
  • OPEC
    石油輸出国機構に加盟している国

この間 EU を離脱したイギリスはちゃんと抜かれていたので、その都度こまめにアップデートされているようです。

 

そもそも世界にはいくつの国がある?

World Map

このパズルゲームに出て来る国の数は数えていないのですが、2021年現在世界にある国は国連加盟国が193カ国と非加盟国が2カ国 (バチカン、パレスチナ) の計195カ国だそうです。
※ ただし、日本はニウエとコソボも国として承認しているので197カ国との事。

でも、今回の東京オリンピックは、206のチームが参加しているんだそうですよ。

オリンピックでは206チーム⁉︎

え、206 (北朝鮮は不参加) って数がおかしくない?と思ったら、国際的に認められた地域からの参加もあるからなのだそう。

それらの国が以下になります。

地政学的に不安定な地域
🇵🇸 Palestine (パレスチナ)、🇽🇰 Kosovo (コソボ)、🇭🇰 Hong Kong (香港)、🇹🇼 Taiwan (台湾)

あー、この4つの地域は香港以外ちゃんとパズルゲームのリストに入ってます。

ちなみに、オリンピック開会式の時「Chinese Taipei (中華台湾)」ではなく日本語で「台湾」と紹介されてざわつきましたね。ここは個人的に好きなエピソードです。

そして、こちら。

国連によって承認された国の領土、もしくは関係する地域
🇦🇸 American Samoa (米領サモア)、🇦🇼 Aruba (アルバ)、🇧🇲 Bermuda (バミューダ)、🇰🇾 Cayman Islands (ケイマン諸島)、🇨🇰 Cook Islands (クック諸島)、🇬🇺 Guam (グアム)、🇵🇷 Puerto Rico (プエルトリコ)、🇻🇬 British Virgin Islands (英領バージン諸島)、🇻🇮 US Virgin Islands (米領バージン諸島)

ここら辺に来ると知らない名前がちらほらありますよね?パズルにもありません。

で、ついでにオリンピック委員会がない、または国として認識されていないのでオリンピックに参加していない国や地域は、こんな感じ↓らしいです。

Abkhazia (アブハジア共和国) / South Ossetia (南オセチア共和国) / Northern Cyprus (北キプロス) / Niue (ニウエ) / Kurdistan (クルディスタン) / Somaliland (ソマリランド共和国)

  • イギリス領
    Gibraltar (ジブラルタル)、Anguilla (アンギラ)、Montserrat (モントセラト)、Turks & Caicos Islands (タークス・カイコス諸島)
  • スペイン自治州
    Catalonia (カタルーニャ)
  • デンマーク領
    Faroe Islands (フェロー諸島)
  • フランス領
    French Polynesia (フランス領ポリネシア) / New Caledonia (ニューカレドニア)
  • アメリカ領
    The Northern Mariana Islands (北マリアナ諸島)

もしかしたら、もっとたくさんあるのかも…?

タヒチはフランス領ポリネシアの一部なのですが、国として認められていないと知った時は、ちょっとびっくりしました。いやー、それにしても、まだまだ知らない国や地域がたくさんありますね。

もしもっとピンポイントで地理を覚えたいなら、他にも色んなアプリがあります。

他のパズルシリーズ

World Map Puzzle

同じシリーズで日本地図やアメリカの州など色んなパズルなども色々あります。よく見ると東京や大阪なんかも。

どうやら日本バージョンはオーストラリアバージョンよりも種類があるようで、国旗や星座などもあるそうです。今後オーストラリアでもリリースされると良いですね。

オーストラリアはさすがにパズルで遊べるほど州がないのでないのですが、もしもオーストラリア先住民族の地図をパズルにしたら、すごく難易度が高そうだなあ…なんて思ったりして。

created by Rinker
Aboriginal Studies Press
¥3,891(2023/01/29 16:12:10時点 Amazon調べ-詳細)

でも、私のハイライトは最近リリースされたらしい『筋肉のパズル』です!

World Map Puzzle

うわーこれ、昔 TAFE で解剖学を勉強していた頃に欲しかったです〜!

 

〜追記〜
この記事をツイッターでシェアしたら、なんと開発者さんにいいねをいただきました!こんな事が起こるからネットってすごいですね。

こちらが開発者デジタルジーンさんのアカウントです。→ (@digital_gene)

おわりに

という事で、私が大好きな世界地図パズルを紹介しましたが、いかがでしたか?

私も全部制覇するほどハマっていた時期があったとは言え、ものすごく久しぶりに遊んだら結構忘れてたので、また始めようかな…。

とりあえず、こういうのは楽しんで覚えるのがいちばんじゃないかなーと思います!

 

世界の地理に関する記事

Acknowledgement to Country

This website would like to acknowledge Aboriginal and Torres Strait Islander people, the traditional custodians of this land and pay our respects to Elders both past and present.このウェブサイトは伝統的な土地の所有者であるアボリジナルおよびトレス海峡諸島の人々、そして過去と現在の長老に敬意を表します。