出産祝にオムツのケーキ (Nappy Cake)を作ってみた!

みなさん、オーストラリアでの出産祝いってどうしてますか?

赤ちゃんが出来ると事前にベビーシャワーを開いて“欲しい物リスト”をくれる人もいますが、他の国の人を見てると手ぶらで赤ちゃんを見に来る人も多い気がします。

相手が日本人の場合でも、日本のようにご祝儀をあげるのは何となく違和感…。なので、やっぱりプレゼントが無難ですよね。

今回、日本人の友人が日本で出産してオーストラリアに最近戻って来たので、何をあげようかと色々調べていたところ「そうだ、オムツのケーキを作ってみよう!」と思い立ちました。

 

[adchord]

オムツケーキって?

オムツケーキというのは、その名の通りオムツをケーキに見立てたもの。英語では Nappy Cake もしくは Diaper Cake と呼びます。

最近では日本でも通販などでも買えたりするようです。ネットで日本のオムツケーキを色々見てみると、きれいにタオルなどで包んでオムツが見えないようになってるものが多くて日本らしいなあと思いました。

というのも、英語で検索して出てくるオムツケーキはだいたいオムツが剥き出しのまま。でも、十分かわいいと思うし、それならわりと簡単に作れそうな感じです。

というか、たくさん作り方の動画が出てくるところを見ると、手作りが基本??もちろん出来上がった物も売ってますけどね。

 

Youtube で調べるとオムツケーキだけでも色んな作り方がありますし、ケーキだけではなく色んなモチーフのものがオムツで作れるので興味があれば調べてみると楽しいと思います。

私が参考にした動画は主に2つです。ただ、私はバスで友人の家まで行かないといけないので、小さめのオムツケーキにアレンジしました。

下準備

でも私、子供いないしオムツの事はよく分からないんですよ。生まれてからすでに数カ月経ってるのでサイズもあるでしょうし、こだわりのブランドとかあったら申し訳ないし…。

だから、本当はサプライズでプレゼントした方が良いのかなーと思ってかなり迷いましたが、友人に直接聞く事にしました。手編みのセーターではないですが、もらって迷惑だったら悲しいですからね…。

ああ、聞いて良かった!そして、スーパーマーケットとかでも普通に買えるブランドでした。

買い物

飾り付けのアイテムは Doller King で購入。

女の子だからブリブリな感じにしようかなーと考えていたらキノコのオブジェを発見してしまったので、それに合わせてアイテムをそろえる事にしました。

ピンクとパープルのリボンはどっちが良いかどうしても選べず、とりあえず両方ともゲット。でも、こういうのってテンション上がりますね〜。

作成開始!

さて、ケーキの中心にはペーパータオルの芯を使って固定するのですが、ちょうど良いサイズの万華鏡があったので、これを代わりに使う事にしました。オムツケーキを壊した時に万華鏡のプレゼントが見つかる仕組みです。

で、さっそくオムツのパッケージを開封。

白いオムツをイメージしてたら、ミニーちゃんの絵がついてました。ああ、女の子用で良かった〜。

材料

紙オムツ … 適量
輪ゴム
リボン
飾り
軸になる芯 (私は万華鏡で代用)
グルーガン
ひも

紙オムツの必要枚数は大きさによります。私は何も考えずに36枚入りを買い、最終的に余っても仕方ないので小さなオムツケーキを2つ作りました。もしスタンダードサイズを1個作るなら、63枚は必要になります。

あと、グルーガンはすぐにくっついてくれるので、リボンをとめるには必須アイテムです。

作り方

① オムツを丸めて、上の方を輪ゴムでとめる

② 芯 (万華鏡) の周りに丸めたオムツを5個並べる

この時に芯をゴムでとめて、その中にオムツを入れると楽にまとまります。

③ まとまったオムツをひもで1つにまとめて結んだら、オムツをとめていた輪ゴムをはずす

この時気付いたのですが、芯の下にお皿のような土台がない場合、ひもをきつく結んでも何となくゆるゆる。なので、結んだ後からもう一個オムツを足して5個→6個にしてあげるとキツキツの型崩れしないしっかりしたケーキが出来ます。

この状態で、オムツをもう1個足すと良い感じ

④ 2列目、3列目も同じ要領で作る

スタンダードサイズ
(一段目のみの数)
1列目 → 6個
2列目 → 12個
3列目 → 18個

と、一番下の土台ができた時点でオムツ36枚を使い切りました。これがスタンダードサイズですが、ちょっと大き過ぎるしオムツも全然足りないので色々考えた結果、3列目を作るのをやめて小さめのケーキを作る事にしました。

アレンジした小さいサイズ
一段目の1列目 → 6個
一段目の2列目 → 12個
一段目の3列目 → なし
二段目の1列目 → 6個
三段目 → 1個

こんな感じで、少し小ぶりのケーキにアレンジ。

⑤ リボンで飾る

ここまで来たらいよいよデコレーションです。リボンをオムツのまわりに巻いてグルーガンでとめます。この時、オムツにグルーが付かないように注意してくださいね。

パープルのリボンを巻いたら、

更にその上からレースのリボンを巻いて、ゴージャスな感じに。

⑥ アイテムを飾る

あとは飾り付けを施します。ちなみに蝶々のオブジェは、実は数年前に買ったクリスマスオーナメント。まさかここで役に立つとは。

⑦ リボンで花を作る

最後にケーキのてっぺんにに飾る花が欲しかったので、リボンで作りました。これも Youtube を参考にすると分かりやすいですよ。意外と簡単です。

これでまるっとリボン全部使ってしまいました!

おまけ

ちなみに、どんなに頑張ってもオムツが余ってしまうので、もう一個ミニチュアケーキも作りました。

これはシンプルに真ん中1個のオムツの周りに8個のオムツをまとめて。これで36個、使い切りました。

飾り用に買ったこれ、大きくなったらネックレスにして遊んでもらえるかな?とりあえずリボンを2色買っておいて良かったです。

出来上がり!

はい完成!

作るの、とっても楽しかったです〜。

このサイズだとショッピングバックにも入って、無事にバスで友人の元へ届ける事が出来ました。友人も喜んでくれたみたいだし、よかった良かった!

以上、オムツケーキでした。