ヌテラのオーストラリア産とヨーロッパ産って違うの?

オーストラリアでも人気のヌテラ (Nutella) はイタリア発のチョコレートスプレッドですが、オーストラリアにも工場があり、そこでも製造されています。なので、オーストラリアや日本のスーパーマーケットで手に入るヌテラはほぼ全てオーストラリア産です。

ウワサでヨーロッパで売られているヌテラは少し味が違うと聞いていたので、いつか食べてみたいとは思ってはいました。

だけどオーストラリアでは売ってないしなあ…と思っていたのですが、なんと今回オーストラリアでヨーロッパのヌテラを入手しました!

という事で、さっそくオーストラリアのものと両方購入して違いを比べてみましたよ〜。

 

[adchord]

ヌテラって何?

ヌテラというのはヘーゼルナッツをベースにしたチョコレートスプレッドの事です。

第二次世界大戦後の1946年、イタリアのピエモンテ州出身のピエトロ・フェレロが、当時貴重だったココア少量をランゲ地方の特産品であるヘーゼルナッツと混ぜて作ったペーストがヌテラの原型になっています。

1964年にピエトロの息子によってレシピが改良され、瓶詰めされて売られた時にヌテラと名付けられました。そして、ヌテラはヨーロッパ中で大人気になり、次第に販売地域も拡大。

オーストラリア進出は1978年。ヨーロッパ以外では初のヌテラの工場がシドニー近郊にあるリスゴーに出来ました。

 

オーストラリアではなぜかヌテラの事を “ナテラ” と呼びますが、この記事ではヌテラで統一します。本場のイタリア語ではヌテッラと発音するらしいですけどね。

2007年2月5日には愛好家によってヌテラを祝う「ワールドヌテラデー」が作られたり、50周年記念に10ヵ国以上でヌテライベントが開催されたりと、ヌテラのファンは世界中にいるようです。

公式ウェブサイト
オーストラリア・ニュージーランド
https://www.nutella.com.au
日本
https://www.nutella.com.jp

他にもフェレロ社は色んなチョコレート製品を製造していて、それらの商品もオーストラリアで人気を博しています。
イタリア発!フェレロ社のチョコレートが好き過ぎる

オーストラリア産とヨーロッパ産のヌテラを比べてみよう

さて、結論から書いておくと、味はヨーロッパ産のヌテラの方がヘーゼルナッツの味が濃厚でしまってる味で、オーストラリア産のヌテラの方が若干甘くて口に中でふわっと広がる感じです。…と言っても、比べてやっと分かるくらいの微妙な違いですが、多分両方出されたらどっちか当てられるくらいには違います。

左側がプラスチックボトルのオーストラリア産右側がガラスボトルのヨーロッパ産。貼ってあるラベルの絵は同じですね〜。

ヨーロッパ産ヌテラのラベルには、メイドイン・ポーランドと書かれています。でも、フェレロ社は世界中の工場を持っているので、ヨーロッパに出回っているヌテラがどれくらいの割合でポーランド産なのかは分かりませんが。

フタは両方とも白いプラスチック製ですが、オーストラリア産が回して開けるのに対して、このタイプのヨーロッパ産ボトルはパチンとはめるだけ。なので、かなりゆるくて倒すとすぐ外れそうですが、その代わり食べ終わった容器はコップとしても使用出来るのは良いですね。

フタを外して上から見るとこんな感じ。オーストラリア産 (左) の方が色がうすいような…。

…と思いましたが、パンに塗ってみるとどちらも色の濃さはあまり変わらないように見えますねよ?

むしろオーストラリア産の方が色が濃くさえ見えます。

お皿に乗せてみました。オーストラリア産は柔らかくてトロリとしているのに対して、ヨーロッパ産は比較的固めでまとまっています。オーストラリア産の色が薄く見えるのは、油分の多さのせいでしょうか?

原材料やカロリーは?

この違いは何だろう?と思って原材料を見てみたんですけど、…あれ?

砂糖、植物油脂、ヘーゼルナッツ (13%)、スキムミルクパウダー (8.7%)、ココアパウダー (7.4%)、乳化剤、香料

え?全く同じ⁇

栄養成分も全く同じ⁇ そんなのありですか?これノースシドニーから出荷されているので、同じ表記のラベルを使ったんでしょうかねえ⁇ うーん、まあいっか…。

それよりもね、今回のヨーロッパ産のボトル、実は限定デザインなんですよ!

実は限定デザインボトル

こちらがヨーロッパ産ヌテラの限定デザインボトル。めちゃくちゃかわいくないですか?

本当は3種類全部なんて買う予定はなかったんですけど、散々探してやっと見付けたので、思わず買ってしまったんですよね。

オーストラリアのスーパーマーケットでこのヌテラが売られているというのを知ったのが2月の初め頃で、あまりのかわいさに一目惚れした私は、シドニー市内のスーパーマーケットをずっと探していたんです。

でも全く見付けられなくて、かと言って遠出する気にもなれず、あきらめて1ヵ月くらい経った頃、たまたま突然発見しました!

Nutella

え〜このお店には何度も来て探したのに〜⁉︎ という感じでしたが、とりあえずラッキー。

でも私、普段食パンとか食べないし食べてもベーコンとか卵とかと一緒に食べるので、ヌテラを買っても消費出来る自信がなくて。なので迷いに迷ったのですが、結局全種類買っちゃいました!

だって「もう巡り合えないかも?」と思ったら、心理的に欲しくなるじゃないですか (笑) $4 × 3個で $12 だったら、まあ許容範囲ですし。

ただ、パートナーにボトル目当てで3個もヌテラを買ったと知れたら呆れられると思ったのですが。それもちょっとずつ買ったように見せかければ大丈夫だろうと。

ちなみに、同じシリーズでクリスマスバージョンのボトルもあったらしいです。

私、オーストラリア産のプラスチックボトルならクリスマスバージョン見た事ありますけどね〜。そもそもヨーロッパ産のガラスボトルを見たのは、今回が初めてでした。
楽しいクリスマス時期のスーパーマーケット探索

空きボトルがとにかくかわいい!

さて、200gのヌテラを3個も買ったわけですが、賞味期限はどれも2020年10月16日。

という事は半年ちょっとあるので、工夫して気長に色々アレンジしてたら何とか食べ切れるかな…!…と思っていたのですが、なんとまさかの1週間くらいでひとつ開けてしまいました💦

あ、でもヌテラを使って毎日色んなお菓子を作っていたせいですよ、多分。

Nutella

コップのようになるので、最後はお湯を注いで飲めるから良いですね。牛乳を足せば、もっとおいしいですよ。

ラベルは全然キレイに剥げませんでしたが、水で濡らすとあっさりと取れました。

中身がなくなったボトル、やっぱりかわいいですよね〜‼︎ めちゃくちゃテンションが上がります。

そして、2個目が空いたのはその1ヵ月くらい後。それでもペースが早くて、自分でもびっくり!

そして、ついにヌテラがラス1です。

という事で、ここはやっぱりブロガーっぽくオーストラリア産と比べて記事にしたい、と思って書いたのがこの記事でした。

Nutella

小さいサイズの220g入りオーストラリア産のヌテラを購入したので、更にもう1個ヌテラが増えちゃいました。でもまあ、今度はゆっくりゆっくり食べますよ。

あと余談ですが、イタリア産でヌテラにいたような商品も売ってました。

おわりに

かわいいボトルは、食べ終わったら何に使おうかと考えるのも楽しいですね〜。

どちらのヌテラもおいしいですが、私的にはヨーロッパ産の方がそのままでもパクパク食べてしまいそうでちょっと好きかも…。でも、オーストラリア産のヌテラを食べた時「ああ、これこれ、この味!」となったので、既に私の中でなじみのある味になってるようです。

さて、次回はヌテラを使って楽しめるレシピを色々紹介しようと思います!

 

スーパーマーケットで買い物するなら

Down Under オーストラリア

今日のご飯を買ったりお土産を選んだり、誰もが必ず利用するスーパーマーケット。オー […]…

お土産リストはこちら

Down Under オーストラリア

食べのもの系のお土産を買うならスーパーマーケットにいきましょう!運が良ければセー […]…