シドニーのアートギャラリー と併設カフェ

シドニーのアートギャラリー と併設カフェ

アートが好きな人も別にそうでもない人も、たまには休日にゆっくり絵でも眺めて過ごしませんか?
オーストラリアには無料で入れる美術館や博物館が結構あるので、利用しないともったいないですよ〜!
という事でシドニー市内にあるアートギャラリー紹介です!

特に有名なのは、ニューサウスウェールズ州立美術館 (Art Gallery of New South Wales)MCA (Museum of Contemporary Art) の2つだと思います。

このアートギャラリーはボタニックガーデンとサーキュラキーにあり近いと言えば近いですが、州立美術館の方はかなり広くて見応えがあるので、両方いっぺんに鑑賞するのは疲れるかもしれないです。

逆にMCAの方は、全部まわってもそんなに時間がかからないので、サーキュラキーやロックスの観光ついでに立ち寄るのがちょうど良いと思います。

 

スポンサーリンク Advertisement

NSW州立美術館

まずその見応えのあるニューサウスウェールズ州立美術館ですが、シドニーの広いボタニックガーデン(植物園) の近くにあります。

Art Gallery of New South Wales
Art Gallery Rd, The Domain  Sydney NSW

https://www.artgallery.nsw.gov.au

10am  – 5pm (毎週水曜日のみ10pmまで)
入場無料 (一部有料有り)
無料WiFi 有り

(行き方)
最寄駅はSt James駅かMartin Place駅ですが、そこからまだ結構歩きます。
シティからだと441のバスが美術館前で止まるので、そちらの方が便利ですが、徒歩でも全然行けるので、私はよくシティから歩いて行きます。

この美術館は、オーストラリアではメルボルンの次に大きいそうですよ。メルボルンの美術館は本当に大きいですからね〜!

1871年に設立されたこの美術館は、オーストラリアの有名作品、ヨーロッパの古典的な絵画や彫刻、アボリジニーやトレス海峡島民のアート、アジアンコレクション、現代美術品などなど、様々な種類のアートを見る事が出来ます。

入り口入ってすぐにパンフレットが置いてあるのですが、日本語もちゃんとあります!
有料のアートを鑑賞したい場合は右側のカウンターでお金を払います。(オンラインも可)

Ground Level (1階) 
15世紀〜20世紀のヨーロッパアート
19世紀のオーストラリアアート
20世紀〜 21世紀のオーストラリアアート
ギフトショップ
レストラン
Upper Level (2階) 
テンポラリー展示会場
Lower Level 1 (地下1階) 
特別展ギャラリー
アジアンアート
カフェ
Lower Level 2 (地下2階) 
近代と現代アート、写真
Lower Level 1 (地下1階) 
アボリジナル、トレス諸島のアート

 

こんなかわいいコーナーも。

絵にものすごく詳しい訳ではないのですが、ピカソの絵の展示は私でもすぐに分かります。
他にもモネやロダンなどの超有名芸術的の作品もあるようですよ。

私的イチオシの絵画は、オーストラリアアーティストのシドニー・ノーラン(Sidney Nolan) のネッド・ケリーシリーズ。1階のロビーを挟んで左側のオーストラリアンアートコーナーにあります。

ネッド・ケリーは、19世紀にビクトリア州に実在したブッシュレンジャー(ギャング) なのですが、オーストラリア人にすごく人気がある人物なんです。それをシドニー・ノーランが特徴的な絵で描いたシリーズです。

シドニー・ノーランはオーストラリアの有名アーティストのひとりで、どこの州の美術館でも彼の作品はだいたい目にします。
そんな彼の絵が気になる人はこちらでも見る事が出来ますが、行ける人はぜひ本物の絵を見て欲しいな〜と思います。

ネッドケリーのゆかりの地、ビクトリア州Glenrowanにあるシドニー・ノーランの絵の看板

時々有料で世界的有名なアーティストの作品展なども行われていて、私も過去にピカソ展、広告時代のアンディ・ウォーホル展、写楽展など色々行きました。

他にもアーティストによるパフォーマンスやコンサートなど、色々なイベントがあったり、無料のガイドツアーもあります。
※ 日本語のツアーは毎週金曜日の午前11時からです。

数年前にリニューアルされたきれいなレストランも美術館の中にあり、1階のレストランはしっかりとお食事したい人に最適です。

私のお気に入りは地下1階のカフェ。
食事の値段も手頃でゆったりくつろぎスペースですので、軽食で良い人はこちらがおすすめです。

私のお気に入りは Soup of the day (本日のスープ) $9。

ギフトショップを見るのも楽しいですよ!

それと余裕があれば、美術館裏の広場にある大きなマッチ棒も見てみてください。結構テンション上がりますよ(多分)。

こちらは以前も書いたのですが、何故か目立たない場所にひっそりと建っているブレット・ホワイトリー (Brett Whiteley) の作品です。

ブレット・ホワイトリー スタディオ

上で紹介したマッチの作品を作ったブレット・ホワイトリー ですが、彼の自宅を改造した小さなアートギャラリーがサリーヒルズにあります。

ここもニューサウスウェールズ州立美術館が運営していて、入場無料の小さくて住宅街にひっそりとあるアートギャラリーですが、アートが好きな人にはちょっと興味深い場所です。

Brett Whiteley Studio
2 Raper St, Surry Hills NSW 2010

https://www.artgallery.nsw.gov.au/brett-whiteley-studio/

10am-4pm  金・土・日のみオープン
入場無料

小さなショップ有り。

更に詳しい記事はこちらを見てくださいね。
巨大なマッチ 〜Brett Whiteley Studio〜

ここにカフェはありませんが、おしゃれなサリーヒルズというエリアにはカフェもたくさんあります。

現代アート美術館 (MCA)

そして、もうひとつの有名な現代美術館­ (Museum of Contemporary Art)。

Museum of Contemporary Art (MCA)
140 George Street, Circular Quay, Sydney

https://www.mca.com.au

10am  – 5pm (毎週水・土曜日のみ9pmまで)
入場無料 (一部有料有り) 
無料WiFi 有り

最寄駅はCircular Quay駅です!

ここでは絵画、彫刻、映像など色々なタイプのアートを見る事が出来ます。
オーストラリアとアボリジニーのアーティスト4000点以上の作品が収集されているそうです。

現代アートって、意味がよく分からない所がおもしろいと個人的には思ってます!

一部有料展示場もあり、以前水玉で有名な草間彌生やオノ・ヨーコなどのアート作品展などもやってました。

入り口の階段横の壁の毎回デザインが違うのがすごいな〜と思います。

階段を上がるとすぐのギフトショップは個性的な物が色々置いているので、見るのがいつも楽しみです。

シドニー観光をする人なら必ず立ち寄るサーキュラキーに位置するこの現代美術館、4階にカフェもありちょっと休憩にも良いですよ!

定期的に変わるカフェのテラスにあるアート作品、オペラハウスやハーバーブリッジを眺めながら、一杯コーヒーでもいかがですか?

ちなみに昨日、初めてこのカフェで食事を頼んでみました。

オーストラリア人はご飯をサラダ扱いすると聞きますが、本当にサラダメニューの欄にどんぶり的なものが書いてありました(笑)。

注文したどんぶりはマグロとかワカメとか枝豆とかが玄米の上にのってて、ヘルシーチックだし結構おいしかったです。このどんぶり$22 + フラットホワイトコーヒーを注文。

Poke Bowl: Raw Tuna, Avocado, Brown Rice, Wakame, Radish & Edamame

私は日差しがちょっと強くて暑いと思ったので中で食べましたが、テラス席も人気です! なんと言ってもオペラハウスが一望出来ますしね。

ちょうどお昼時でしたが日曜日なのにそれほど混んでなくて、穴場スポットです。

このMCA、2012年にリニューアルして新しい建物になりましたが、以前は隣の建物だったんです。
そして、その建物にはちょっと高そうなレストランがあって、よくパーティをしているのを見掛けます。

時々期間限定でポップアップレストランという面白いアーティスティックなレストランがオープンされたりしていて、それも楽しみのひとつです♡

2017年、期間限定だったカラフルをテーマにしたカフェバー。夜のライトアップもきれいでした。

ケン・ドーン ギャラリー

さて、MCAまで来たのならば、ちょっと足を伸ばしてロックスのケン・ドーンギャラリーもどうですか?

80年代頃日本でも一世を風靡するしたケン・ドーンの絵は、カラフルでオーストラリアそのものという感じで、見ていてワクワクします。

The Ken Done Gallery
1Hickson Road, The Rocks, Sydney NSW 2000

http://www.kendone.com.au

10am – 5.30pm
入場無料

どんな絵かは、彼のウェブサイトを見てみてくださいね♪

ギャラリーではアート作品の他に、Tシャツやポストカード、書籍などギフトショップもあります。
日本でも流行った ケン・ドーンのアート

NSW 州立図書館

ここは図書館ですが、この中にもアートギャラリーがあるんです。

State Library of NSW
Macquarie Street, Sydney NSW 2000

https://www.sl.nsw.gov.au

月〜木  9am − 8pm
金        9am −5pm
土・日  11am − 5pm
入場無料
無料WiFi 有り

入り口が2カ所あって、Macquarie ストリートから入れば階段を上がったらすぐギャラリーです。

図書館側から入った場合は、図書館まで入らずに入り口すぐ右側の階段を上がります。

展示会場自体はそんなに大きくはないですが、モダンでおしゃれな雰囲気です。

私が行った時は、世界で起こっているシリアスな出来事を捉えた写真展でした。

グランドフロアにはカフェの他に、アート作品や書籍などを売るお店もあります。

ここには館内のマップやガイドの冊子が無料で置いてあります。

おしゃれなしおりまで置いてました!

ホワイト ラビット

このアートギャラリーは、2009年にオープンした世界でも有数の21世紀の中国現代美術館で、オーナーの Judith Neilsonさんが2001年に北京に行って中国のアートに感銘を受けて中国外の人たちにもシェアしたいと考えて作ったギャラリーだそうです。

White Rabbit
30 Balfour Street, Chippendale NSW 2008

http://www.whiterabbitcollection.org

10a.m − 5p.m 水〜日のみオープン

入り口を入ってすぐ左側にギフトショップとカフェスペースがあって、おしゃれ。色んなハーブティーもありますし、ランチも出来ます。

白を基調とした建物は洗練された雰囲気の3階建てで、3階だけはエレベーターでしか行けません。
場所自体はそんなに大きくはないのですが、土曜日に行ったら結構人がいました。オージーも多かった印象です。

場所は、シティ中心部から歩いてセントラル駅を超えた所。
印象的な建物 Central Park Mall の裏側になります。

おわりに

調べたらシドニーにはたくさんの美術館があるんですね!小さいものまで入れたら数えられないくらいあるのではないかと思います。

トップ30のリスト↓を見るとこんな感じです。
The 30 Best Art Galleries in Sydney

という事で、たまにはアーティスティックな休日も良いですよ〜!