日本とはちょっと違う!オーストラリアのバレンタインデーはどう過ごす?

日本とはちょっと違う!オーストラリアのバレンタインデーはどう過ごす?

2月14日はバレンタインデーですね。

この日、日本では “女性が男性にチョコレートを渡して愛を告白する日” ですが、オーストラリアではちょっと事情が違います。

じゃあ、どんな風にすごすのでしょうか?詳しく見ていきましょう〜。

 

Advertisement

日本と違うバレンタインデー

日本語ではバレンタインデーと言いますが、英語では Valentine’s Day (バレンタインズデー) ですね。

オーストラリアはヨーロッパの多くの国がそうであるように、女性から男性というよりもどちらかというと男性が女性にプレゼントするイメージが強いです。なので、ここは男性のみなさんには抜かりなく準備して欲しいところです(笑)

という事なので、オーストラリアのバレンタインデーは女性は楽ちん。男性側もチョコがもらえるかどうかドキドキ待たなくても良さそうです。でも女性から男性に贈り物をしたければそれもありですし、友達やペットにまでプレゼントをする人もいるそう。そこら辺は自由です。

ちなみに、義理チョコの文化も3月14日のホワイトデーもありません。

プレゼントは何を渡す?

バレンタインデーのプレゼントでいちばん一般的なのが、メッセージカード付きのバラの花束。といっても、絶対バラの花ではないといけない訳ではなく特に決まりはありません。

さすがオーストラリアと思ったのは、働いてる奥さんの会社に花束を贈る旦那さんもいるらしいという事!すごくないですか? (私は忙しい時にパートナーが職場に来たので、冷たくしてしまった事がありますけどね。ごめん。)

花束の他に、もちろんチョコレートを贈る人もいますし、あとテディベアなんかも定番ですね。

おすすめのチョコレート専門店はこちら

当日のデート

そして、当日の夜はおしゃれなレストランでバレンタインディナーするカップルが多いです。多くのレストランが『バレンタインの特別ディナー』をやっています。

面白いのは、マッサージ屋さんがカップルでいっぱいになったりするんですよ。バレンタインデーマッサージ?ちょっと日本人とは感覚が違いますよね(笑)

日中もどこかでバレンタインデーイベントが開催されている事があるので、そちらもチョックしてみてください。

バレンタインデーの起源

「そもそも誰がこんなイベントを始めたんだよ〜⁉︎」

そういう人の為に簡単に説明すると、起源は3世紀のイタリアです。

キリスト教がまだローマに迫害されていた時代、若者は戦争に参加させる目的で結婚が禁じられていました。そして、それを不憫に思い陰でこっそり結婚をさせていたのがバレンタイン司祭。

結局は皇帝にばれて、ローマの豊穣祈願の前日に処刑されてしまったバレンタイン司祭ですが、この事によって彼は愛の象徴として知れ渡るようになりました。この後、人々はバレンタイン司祭が亡くなった日を恋人たちの日として祝うようになり、定着していったのです。

女性が男性にチョコレートを贈る文化は、昭和30年代の日本。チョコレート会社が「チョコレートを贈って愛を告白しよう」と売り出したのが始まりで、これが大当たりして今に至っています。

イベント

過去のシドニーでは、ダーリングハーバーで色んなバレンタインデーイベントが行われていました。今年はネット上で情報が見つからないので分かりませんが…。(行ってみたら何かあるかも?)

2019年のバレンタインデーアイディア (シドニー)
https://whatson.cityofsydney.nsw.gov.au/tags/valentines-day

以前はハートのイスや花火や野外シネマや、色々やってたんですけどね〜。

         

この時期はちょうどチャイニーズニューイヤーとも重なる事も多いので、ランタンフェスティバルも同時に見れる事があります。

あと、前に植物園の芝生に描かれたハートを探すイベントもありましたが、こういうのって年によってやったりやらなかったりなんですよねえ。

http://blog.centennialparklands.com.au/find-grassyheart-valentines-day/

 

おわりに

オーストラリアのバレンタインデーはこんな感じですが、いかがだったでしょうか〜?

この時期、街ではプレゼント用の花を売ってるのをよく見かけるようになりますし、チョコレート屋さんも日本ほどではないですが大にぎわいなんですよ〜!

という事で、ぜひぜひ楽しいバレンタインデーを過ごしてくださいね!

 

女性へのプレゼントにはこういうのも喜ばれそう