1月26日の複雑なオーストラリアデーの背景

毎年1月26日はオーストラリアデー (Australia Day)で祝日になります。

この日、各地で様々なイベントが開催され、シドニーで行われる花火はかなり派手で立派。町にはオーストラリアの国旗やナショナルカラーである黄色と緑を身に付けている人たちで賑わい、見ているだけでも楽しくなってしまいます。

オーストラリアを強く感じられる日なので滞在している人は十分に楽しんで行って欲しいのですが、反面このオーストラリアデーを巡って問題も昔から指摘されていて、日付を変更した方が良いのではないかという怒りの声が多く寄せられているという現実もあります。

楽しみにしている人には水をさしてしまうような内容になってしまいますが、こういう背景もあるんだなという感じで知ってもらえれば。

 

[adchord]

白人が上陸した日

オーストラリアデーはいわゆる建国記念日…なのですが、実際はオーストラリア大陸がイギリスの植民地になった日とも言えるのです。

1788年1月26日、第1艦隊司令官アーサー・フィリップ (後に最初の植民地総督) 率いる役人や囚人を連れた11隻のイギリス艦がシドニ​​ーコーブに到着した日であり、つまり、アボリジニ (アボリジナル) と呼ばれる原住民の人たちにとっては、この後の大悲劇が起きる前兆、侵略が始まった日という事になります。

シドニーコーブ (Sydney Cove) というのは現在のシドニー湾の事で、アーサー・フィリップはこの地にイギリスのユニオンジャックの旗を掲げ、そこからオーストラリアにおける白人の歴史が始まり現在に至っています。

※ 厳密に言うと、船団は1月18日にキャプテン・クックの勧めたボタニー湾に一度到着していたのですが、予想したよりも土地が良くなかった為にシドニーコーブまで北上しました。そして、そこがオーストラリアの最初の町ポートジャクソン (現在のロックス) になり、シドニーという町が形成されていきました。

原住民の人たちに起こった悲劇

5万年以上前からオーストラリア大陸に住んでいたと言われる先住民アボリジニは、狩猟や植物採集をしながら自然と共存して生き、土地を所有するという概念自体がなかった人たちだと言われています。

イギリス人入植当初はお互い友好関係を築こうという動きもあったようですが、最終的にはかつて30〜100万人はいたのではないかと推定されるアボリジニ人口は90%まで減少してしまいました。

それは、白人が来たことによる食糧不足やヨーロッパから持ち込まれた疫病などもありますが、いちばんの原因は酷い虐殺です。

動物のようにアボリジニを追うアボリジニハンティングという遊びまであったそうで、入植者の間でアボリジニは人間として見なされる事は少なく、生き延びる為に仲間を裏切り白人側についた人たちもいたと言います。

20世紀初頭になると人権という名において違う形での迫害が始まり、文明を持たない原始的な民族というレッテルを貼られた原住民の人たちは、白人と同じような教育を受け白人社会と同化して生きるべきだという考え方によって、子供が強制的に親から引き離され収容所に入れられました。

英語以外の言葉をしゃべる事は許されず、キリスト教を信じるように強要された子供たちは、次第に独自の言葉も文化も失ってしまい、この政策が廃止された現在でもその影響は彼らに暗い影を落としているのです。

近年、オーストラリア政府は、謝罪の意味も込めてアボリジニに補助金や社会福祉面での特別待遇などを与えて来ましたが、当然お金を与えれば問題が解決するという事はありません。

文化を失って行き場を失った人たちの影響は世代にも及び、政府に対する不信感から学校に行かないアボリジニの子供も多いそうで、貧困の連鎖が続くという現実があります。

そんな歴史があるので、オーストラリアデーを心から祝える訳はなく、各地でアボリジニの人たちによるデモが行われていたり、反発の声が上がるのも不思議ではないでしょう。

アボリジニの悲しくなる歴史的背景

1月26日にこだわる必要はない?

しかし、オーストラリアデーは昔から1月26日だったかと言うと、そうでもありません。

最初にオーストラリアデーという言葉が使われたのは、1915年7月30日に第一次世界大戦の資金を集めるために開催された時で、オーストラリア全ての州が1月26日にオーストラリアデーと定められたのは1935年になってから、更に全土共通の祝日として制定されたのは1940年代です。

1888年にはアデレード以外の都市が1月26日をオーストラリアの記念日 (Anniversary Day) として祝日に制定していますが、オーストラリアデーという名前ではありませんでした。

もともと1月26日は入植初期に “オーストラリアに初上陸した日記念日 (First Landing Day)” として、夕食会を開いていた日であり、ニューサウスウェルズ植民地での祝日だったようです。

その後、次々とニューサウスウェルズから州が独立し、100年くらいは州独自で様々な日に祝われていました。

(参考: https://www.news.com.au/)

独立記念日は州ごとにある

アメリカにはイギリスから独立を勝ち取った独立記念日がありますが、オーストラリアにはありません。

オーストラリアはアメリカと同じくイギリスの植民地としてスタートしましたが、イギリス政府はアメリカの二の舞にならないように考慮して、オーストラリア側にもある程度統治の権利を与えた為、戦争を起こしてまで独立する必要がなかったからです。

1901年にオーストラリアはイギリスから独立しましたが、イギリス連邦国という形を取っています。だから、現在でもオーストラリアはイギリスの女王を元首として、「君臨すれども統治せず」という言葉の通り、実質的な政権はオーストラリアの首相を中心としたオーストラリア政府が担っているので、完全な独立かと言えば微妙です。(これについても色々と議論があります。)

イギリスという国はある?英連邦って何?

ただ、州ごとに独自した記念日はあり、タスマニアは1642年にアベル・タスマンのタスマニア島発見と1825年のニューサウスウェールズからの分離を祝ったレガッタデーを12月上旬に開催していましたし、西オーストラリア州は1829年6月1日に白人入植者の到着を祝った “Foundation Day (現在の西オーストラリアデー)” がそれに当たります。南オーストラリア州の12月28日 “ プロクラメーション・デー (Proclamation Day)” も州として独立した日です。

ニューサウスウェルズ州に限っては、オーストラリアの白人による歴史が始まった場所なので、州の始まりと国の始まりは同じ日という事になります。

多文化が共存する国

そんなオーストラリアですが、2016年の調べでは全人口の28.5%が国外で生まれていて、現在は多民族が共存する国となっています。

古くは19世紀の羊毛産業の発達や金の発見で多くの移民が世界中から集まり、戦後は新たな移民法により更にヨーロッパやアジアの国々からの移民が増え増田。多くの難民も受け入れて来たオーストラリアは、既に当時のイギリス人の祖先をルーツに持つ人たちや先住民たちばかりではなくなっています。

白豪主義とか人種差別とか、肌の色や宗教や文化の違う人たちが共存しているオーストラリアでもしばしば問題にはなっていますが、同時に自分とは違うルーツを持つ人たちを知る機会も多い国とも言えるのではないでしょうか。

おわりに

オーストラリアデーの日を変更する案もちょこちょこと出てはいるようですが、結局は今のところ決定に至ってません。

私はオーストラリアデーを楽しむな、という意見もちょっと違うかなと思うんですよね。国を愛しているならやっぱり祝いたいでしょう。

ただ、1月26日という日がややこしい…。

過去に黒歴史があるのはオーストラリアだけではありませんが、大切なのは事実を事実として受け止め、今をどうよりよく過ごしていくか考えていく事だと思います。

この機会にもう一度、オーストラリアやについて考えてみるのも良いのかもしれません。