危険!コアラにそっくりな未確認生物ドロップベア‼︎

危険!コアラにそっくりな未確認生物ドロップベア‼︎

オーストラリアの代表的な動物と言ったら、やっぱりコアラ!愛くるしい寝顔に思わずため息を漏らした人は私だけではないはず。

野生のコアラと出会おうものならテンション上がりまくりですよね。

でも、ちょっと気を付けてください。

コアラにそっくりなドロップベア (Drop Bear) の存在は知ってますか?

ドロップベアは、パッと見コアラにそっくりなのですが、鋭い牙を持っていて人や動物を襲います。過去には複数のバックパッカーたちが被害に遭っていますので、警戒していた方が良いと思います。

きちんとドロップベア対策をすれば被害を避けられると言われていますので、今回は私の知っている限りの情報を提供しておきますね。

 

Advertisement

未確認生物 (UMA)

ドロップベアという名前を初めて聞く人も多いのではないでしょうか。

私も数年前にオーストラリアの人から話を聞いて初めて存在を知ったくらいで、危険があるにも関わらずドロップベアの情報はガイドブックにはどこにも載っていません。

何故ならこのドロップベアは目撃情報や被害報告はあるものの、はっきりと生態が確認されている訳ではなく現在も調査中との事。つまり未確認生物 (UMA) という扱いになっているからです。

ただ、表立って騒がれていないだけで、インターネットで検索すれば多くの情報が出てきます。

(画像: Wikipedia)

という事で、若干サイトによって異なる情報もあるのですが、信用出来そうな情報をもとに大体の概要をまとめてみました。

ドロップベアとは

おとなしい草食動物のコアラと違って、ドロップベアは人や動物を攻撃する危険な肉食動物です。

オーストラリア博物館 (Australian Museum) のウェブサイトが発表している内容によると、ドロップベアは Thylarctos plummetus という種類に分類され、木の上に住む巨大な肉食有袋類だと説明されています。

体重約120kg (260ポンド)、身長約130cn (51インチ) という、かなり大きめの体と強い腕力と鋭い牙を持つ彼らは、木の上で4時間かけて獲物を狙う事もあり、最高8mの高さから落下してくる事も。その衝撃によって獲物を気絶させ、素早く首に噛み付く戦略を取ったりします。

オーストラリア博物館 (Australian Museum)
https://australianmuseum.net.au

生息地

ドロップベアは、北はケープヨークから南はタスマニアまで、広範囲に及ぶ東部の密林地域で多数の目撃報告があります。その他、南オーストラリア州のマウントロフティ周辺やカンガルーアイランドでも目撃されています。

(画像: http://dropbearpreserevationsociety.org)

人間への危害

運悪くドロップベアに遭遇して襲われた場合、主に裂傷や噛み傷により負傷します。人間は他の動物よりも襲われる確率は低めで、命に関わるほど致命傷を負ったという報告は今のところありません。

人間に対する危害については『Australian Geographic』が2013年4月号で、興味深い記事を掲載しました。

Australian Geographic
https://www.australiangeographic.com.au

それによると、ドロップベアはオーストラリア人よりも外国人旅行者を狙う確率がかなり高いとの事。

これはタスマニア大学研究チームが、ドロップベアの生態に関するデータを取る為、GPS装置による追跡調査をしていた時に発見された新事実です。

不思議な事に、オーストラリア人は今まで一度もドロップベア被害に遭ってない事が判明したのです。

(画像: https://www.family-getaways-melbourne.com)

被害に遭わない為に

でも、何故ドロップベアはローカルの人間は狙わずに旅行者ばかりをターゲットにするのでしょうか?

その理由は意外にも、オーストラリアの家庭には必ずあるといわれるベジマイト (Vegemite) が関係している、というのが現在の有力な見解です。

どうやらベジマイト にはドロップベアが嫌う成分が入っていているようなのです。

ベジマイトというのは、オーストラリア人がよくパンに塗って食べている塩辛い独特な味のペーストで、オーストラリアのスーパーマーケットに行けば絶対に売ってますので、常備しておくと良いでしょう。

ただし、外国人がちょっと食べたくらいでは間に合わないので、ドロップベア対策にはベジマイトを直接顔や耳の裏などに塗るのが良いそうです。

ちょっとにおいがキツイかもしれませんが、防げる被害があるかもしれません。被害に遭うよりは何倍もマシなのではないでしょうか?

 

ベジマイト についてはこちら

ちなみに、YouTube にもかなりのドロップベア情報がアップされていました。それを観ると、ずいぶん前からドロップベアの存在が知られていたという事が分かります。

おわりに

実はドロップベアはよく4月1日に現れるのですが、オーストラリア国内を散々旅行して来た私は、まだ実物のドロップベアを目にした事がありません。

まあ、そりゃそうですよね。これ、外国人旅行者を驚かせる為に作られた都市伝説ですから。(都市じゃなくてブッシュですが 笑)

いやー、大げさによく作り込まれたジョークですよねえ。

『Australian Geographic』の記事は、実際にエイプリルフールの日に発売されて掲載されてたウソです(笑)

オーストラリアの新聞もエイプリルフールの日には何か必ず真面目にウソが書いてあって、うちのパートナーは毎年だまされています。

そんなパートナーとパートナーのお父さんはドロップベアのジョークが大好き。私がブログで紹介すると言ったらお腹を抱えて大笑いしていました。

さて、どれくらいの人がひっかかったかなー?どーも、すみません。

 

オージージョークならこれ!