歴史あるマッコーリストリートと旧造幣局 (The Mint)

歴史あるマッコーリストリートと旧造幣局 (The Mint)

シドニー市内にあるマッコーリストリート (Macquarie Street) は、観光地から少し外れたビジネス街という雰囲気ですが、19世紀の植民地時代に作られた歴史のある古い道路というだけあり、当時の面影を偲ぶ建物が多く残されています。

現在のマッコーリストリート。

その代表的な建物のひとつである旧造幣局 (The Mint) は一部一般公開されていて、中に入る事が出来ます。

 

スポンサーリンク Advertisement

旧造幣局とは

旧造幣局は1816年に建てられた建物で、1855年〜1926年まで硬貨を製造していた場所です。

現在、建物の中にはレストラン “No.10 Bistro” や売店、シドニーリビングミュージアムズ (Sydney Living Museums)の本部、オフィス、会議室などのレンタルスペース、図書館などがある他、この建物の歴史にまつわる展示物が少しあります。

The Mint
10 Macquarie St, Sydney NSW 2000
https://sydneylivingmuseums.com.au/the-mint
月〜金 9.30 – 5pm 入場無料

シドニー市内ハイドパーク (Hyde Park) の北側から始まるマッコーリストリート沿い、ハイドパークバラックス博物館 (Hyde Park Barracks Museum) とシドニー病院 (Sydney Hospital) の間に位置する旧造幣局。最寄り駅はSt James Station です。

南側の入り口を入ったらすぐ、この建物の建設発案者であるマッコーリ総督の銅像がありました。

ラクラン・マッコーリ (Lachlan Macquuaie 1762 – 1824) はニューサウスウェールズ5代目総督で、就任した1810年〜1821年の間に荒れていたシドニーを整備し立派な町として発展させた有名な総督です。

この建物は、もともとはイギリスから連れて来られた囚人たちの病院として建設され、その病院建設はマッコーリが総督として一番最初に手掛けた大きな仕事でもありました。

敷地内には、お茶をしている人たちがたくさん。

ちなみに、隣のハイドパークバラックス博物館の建物もマッコーリ総督が囚人宿舎として建設させた建物で、2010年7月にオーストラリアの囚人遺跡群 (Australian Convict Sites) のひとつとしてユネスコ世界文化遺産に登録されています。

隣のハイドパークバラックス。

建物内の見学

中庭には、仕事の合間の休憩なのかベンチでくつろいでいる人が数人いて、歴史的建造物敷地内ですが、ごく一般的な日常風景が普通に繰り広げられている感じです。


奥の建物には、この建物を含めたシドニーの歴史的建造物を管理する “シドニーリビングミュージアムズ” の本部オフィスがあります。

オフィスは奥まっているので多少分かりにくいかもしれませんが、ここで地図や説明 (英語) などが書いてあるパンフレットをもらうのをおすすめします。

中はそんなに広くないですが、地図がないと道に迷うので。

そして、そのオフィスのすぐそばには Caroline Simpson Library & Research Collection という図書館があり、ここにはオーストラリアの建物、インテリア、家具、庭園などの歴史のコレクションが所蔵されていて、月〜金まで一般開放されています。

Caroline Simpson Library & Research Collection
月〜金 10am – 4.30pm  ※ 入場無料

このオフィスや図書館がある奥の建物は、かつて硬貨を製造する工場があった場所なんだそうで、通路には当時の様子を説明したパネルが展示されていました。

正面のレストランが入っている建物は、ゴールドラッシュの時代 (1851年〜) に造幣の為の発掘された金塊を受け取るオフィスがあった場所で、そこにも少しだけ展示スペースがあります。

展示スペースの横には会議室のような現代風に改装されたファンクションルームがあるのがガラス越しに見えました。

入り口側に回ってみると、観光地でよくあるコインを入れてハンドルを回すと記念メダルを作成してくれる機械が置いてありました。ローカル色が強いと感じたこのエリアですが、ここだけ一応観光地っぽくて何となく和みました。

横の売店にはお花やちょっとした雑貨が販売されていて、コーヒーもここで注文出来ます。

上の階にはレストランがあって、ちょっとだけですが展示物も。

クラシックな雰囲気が漂うレストラン、ここで食事したら優雅な気分になれるでしょうか。
http://www.no10bistro.com.au

建物の歴史

オーストラリアにある多くの歴史的建造物は時代に合わせて用途を変化させながら存続していますが、この建物も例外ではありません。囚人の病院から法廷や役所、貧しい人たちの診療所、そして造幣局から政府の建物へと様々な目的で使われ、現在に至っています。

※ 以下の情報は旧造幣局のパンフレット及びウェブサイトを参考にしています。

1811年〜1854年 ラム病院

建物の歴史は、1810年に5代目ニューサウスウェールズ総督ラクラン・マッコーリがシドニーに到着した時から始まります。

1788年にイギリスの第1艦隊がポートジャクソン (現在のロックス) に到着し、イギリス人による入植が始まったのですが、航海を生き延びた736人の囚人の中には赤痢、天然痘、壊血病、腸チフスなどで苦しんでいた人たちも少なくありませんでした。

そこで初代総督フィリップ・アーサーは、現在のロックスのジョージストリート (George Street) 辺りにテントを建てて病人の対処をしていました。1790年にはイギリスから第2艦隊が持ち込んだ木と銅のプレハブ小屋 (Portable canvas building) に建て替えられています。

今ではおしゃれな観光地、ロックス。

そして1810年、総督に就任する為にシドニーに来たマッコーリは、現状を見て囚人たちの新しい病院を作る必要性を感じました。

早速彼は政治の中心部の西側に病院建設計画を立て、アクセスしやすいようにマッコーリストリートを作ったのですが、イギリス政府はこの植民地に対して資金を提供することを拒否。

そこでマッコーリは、商人の Alexander Riley と Garnham Blaxcell、そして外科医の D’Arcy Wentworth に交渉して、彼らに当時貨幣の役割さえ果たしていたほど貴重なラム酒 (蒸留酒) の独占輸入を3年間許可する代わりに、その見込み利益と引き換えに病院を建設しました。彼らが輸入したラム酒は45,000ガロン (170343.53 リットル) に及び、植民地の人々に売られて行きました。

現在旧造幣局となっている正面の建物は、その時に建てられた3棟から成る病院の南側の棟です。

この病院は1811年〜1816年に建設され、200人収容出来る中央病棟と北側、南側の3棟から成り、ラム病院 (Rum Hospital) と呼ばれました。

北側の棟は主な外科医の部屋として、南側の棟はアシスタントの外科医の部屋として使われ、現在は中央の病棟は建て替えられて残っていませんが、北側の棟は国会議事堂、南側の棟は旧造幣局として使用されています。

国会議事堂。

しかし、この病院は構造に問題があり、わずか数年後には修理しなければならないほどで、次第に囚人たちは換気の悪さと人の密集度の高さからここを “シドニーの虐殺部屋 (Sidney Slaughter House)” と呼ぶようになりました。

そんな悪評にも関わらず、この建物は1820年代には公共の建物が不足していたのと場所の便利さから他の用途への需要が高まります。

中央病棟の一部と北側の棟は法廷や役所として使われ、南側の棟は1823年に軍の病院として、1842年には囚人ではない貧しい移民の人々の診療所として使用されました。

ちなみに囚人といっても、貧しさからパンなどを盗んだような軽犯罪者が多くいたそうです。

1854年〜1926年 ロイヤルミント

そんな折、1851年にニューサウスウェールズのバサーストで金塊が発見されるという大事件があり、国内外の多くの人々が金の採掘に熱中するゴールドラッシュが始まりました。

バサーストの町の入り口にある巨大な “金を探す人” 。

ゴールドラッシュについてはこちら。
オーストラリアの基盤はゴールドラッシュで築かれた

 

スポンサーリンク Advertisement

 

金塊の発見により植民地に大量の金塊が出回るようになったので、その翌年にはイギリスのロンドンにある王立造幣局 (Royal Mint) 初の海外支部をシドニーに設立する運びとなり、1853年に病院の南側の棟がその場所に選ばれて改装工事が始まりました。

建物はイングランドで製造されたプレハブの鉄フレームを使用しており、一度分解して船で運び、シドニーで組み立て直されました。

こうして1855年にオープンした造幣局は、正面の建物に金塊を受け取るオフィス、奥の新しく建てられた建物に金を硬貨に加工する工場があり、毎日のように鉱山から金塊、砂金、金の含んだ鉱物などが、個人や護送によってここに持ち込まれました。

造幣は当時の最先端技術だった蒸気エンジンを使って行われ、およそ1億5千枚の硬貨がここで造幣されたそうです。

そして、発明も生まれました。
造幣局には科学研究室も設けられていたのですが、Francis Bowyer Miller は塩素ガスで金を精製する方法を開発、その技術は今日でも世界の造幣局で使われています。

金塊を巡って事件も起こっています。
1869年12月28日に、アンドリュー・ジョージ・スコット (Andrew George Scott) がこの造幣局で129オンス (3.6kg)の金塊を£503 (数十万ドル) に変えたのですが、後にその金塊はビクトリアのマウントイーガートン (Mount Egerton) の鉱山がある町の銀行から盗んだ物だと発覚。実は彼は、キャプテンムーンライト (Captain Moonlite) として知られていたブッシュレンジャー (盗賊) だったのです。

盗みを繰り返していた彼ですが、最終的にダーリングハーストにあった牢獄で絞首刑となりました。
彼のデスマスクやブッシュレンジャーの歴史は、ロックスの犯罪博物館で見る事が出来ます。

サーキュラキーにあるJustice & Police Museum (犯罪博物館)

1901年にオーストラリアはイギリスの植民地から連邦国家として独立しました。

そして1920年代に入ると、かつて勢いのあったシドニーの造幣局はメルボルンやパースにも新たに造幣局が出来た事もあり大した利益が出ず、機械も時代遅れとなり、時代の波を受けたシドニーの造幣局はついに1926年に閉鎖されました。

1926年〜1997年  取り壊しの危機

実は旧造幣局の建物の解体の危機は何度かあり、1909年には王立委員会 (Royal commission) の町の景観美化計画として取り壊しの話が出ています。

1926年に造幣局が閉鎖されてからは、小分けされた事務所として政府の保険事務所や住宅管理所、土地税務署、シドニー地方裁判所、教育機関などに使用されていたのですが、1938年のオーストラリア入植150周年記念の際に再びマッコーリストリートの開発計画の話が上がり、建物は壊される予定でした。

しかし1939年の第二次世界大戦の勃発でその話は消え、再び同様の提案が検討されたのは1960年代になってからです。
その頃になるとシドニーの歴史的建造物の保存を主張する人たちが現れ、取り壊し反対のキャンペーンが行われました。

1975年にニューサウスウェールズ州政府は建物存続の方向で修復作業を行い、1977年にはニューサウスウェールズ州遺産法 (NSW Heritage Act) が導入され、それに基づき旧造幣局の建物は永久的に保存される事となりました。

1997年〜 文化遺産として再開発

こうして今日20世紀に何度も解体の危機に見舞わられた旧造幣局の建物は、当時の面影を残しつつ現代の建築と注意深く融合され活用されているのは、最初に紹介した通りです。

1980年〜1984年には、ニューサウスウェールズ州にとって初めての公的資金による発掘作業を実地。そして、1984年に旧造幣局は博物館としてオープンしています。(私の記憶では2012年頃は有料博物館でした。)

2004年に1980年に設立された政府の運営するヒストリックハウストラスト (The Historic Houses Trust of NSW) の本部が置かれ、2013年からはシドニーリビングミュージアム (Sydney Living Museums) として運営されています。

ちなみに、このシドニーリビングミュージアムは “シドニーミュージアムパス” という1カ月有効パスも発行していて、これを購入すれば12カ所の各博物館や歴史的建造物が大人$12のところをトータル$24で見て回れます。(シドニー市内は旧造幣局を含めて7カ所です。)

マッコーリストリート

時間があればマッコーリストリートを歩いてみてください。

ハイドパークバラックス、旧造幣局、シドニー病院、国会議事堂、ニューサウスウェールズ州立図書館と、王立植物園 (ボタニックガーデン) まで続いています。

シドニー病院の前にある鼻をさすりながら願い事をすると願いが叶うと言われている (らしい) ブロンズのイノシシの銅像、ポルチェッリーノ二世 (Il Porcellino) もここにあります。
何故そんなジンクスが生まれたのかよく分かりませんが、いつか詳しく調べてみようと思ってます。

おわりに

シドニーはどちらかというとショッピングやレストランなどの産業に目が行きがちで、それも良いのですが、実は見応えのある歴史が詰まった場所なので知らないともったいないかもしれません。

オーストラリアで一番古い病院、オーストラリアで一番古い町、オーストラリアで一番古い時計、オーストラリアで一番古い公園などなど、歴史を知ると今まで何でもないと思っていた場所が、急に親しみのある場所に変わる事もよくあります。

私のコンセプトは観光しながら学べる歴史なので、これからもそんな歴史記事を書き続けようと思います!