世界遺産 オペラハウスを楽しもう!〜建物が人々の感動を呼ぶ理由〜

世界遺産 オペラハウスを楽しもう!〜建物が人々の感動を呼ぶ理由〜

オーストラリアと言えば、オペラハウス(Opera House)!

これを語らずしてオーストラリアの観光を語れるか!というくらい有名なオーストラリアのアイコン的存在ですよね。

2007年には世界遺産にも登録され、登録された中では世界で一番新しい建物として知られています。

そんなオペラハウスですが、いつ頃誰がどうやって建てたのか知ってますか?これはオーストラリアでは有名な話なので、知っている人も多いかもしれません。

今日はそんなオペラハウスについて、あれこれ語ります!

 

スポンサーリンク Advertisement

私とオペラハウス

実は私、シドニーに来る前からオペラハウスの写真を見飽きるほど見て来たので、実際のオペラハウスを見てもそんなに感動しないんだろうな、と思っていました。

ワーキングホリデーの2年間のうち1年半をクイーンズランド州で過ごした私は、事あるごとにワーホリ仲間たちからオペラハウスの写真を見せられました。

シドニーに行った人たちは、必ずオペラハウスの写真を見せてくれるというほど、オペラハウスは人気な建物であり、定番中の定番と言える観光スポットです。

半年のビザを残す頃、ようやく私もニューサウスウェールズ州のシドニーまで南下するタイミングが来たのですが、

「シドニーに着いたら私もとりあえずみんなのようにベタなオペラハウスの写真を撮らなきゃな。」

くらいの気持ちで、特に何の期待もなく真夜中発のシドニー行き長距離バスに乗り込みました。
観光好きの私にしては、珍しい事です。

バスの中で夜を過ごし、はっと目覚めた時、外は少し明るくなり始めていていました。
予定通り早朝にシドニーに着いたんだな、と分かったのは、オペラハウスが目の中に飛び込んで来たからです!
ちょうどそこはハーバーブリッジの上だったようです。

この写真、オペラハウスは見えにくいですけど、シドニーの写真第1枚目!

偶然目が覚めた場所がオペラハウスの見えるハーバーブリッジの上なんて、ちょっと出来すぎていて笑ってしまいました。Welcome Sydney! って歓迎されたのかもしれません(笑)

写真よりも実物は数倍良かった!

実物のオペラハウスは、写真で見て想像してたよりもはるかにキレイでとても感動してしまいました。

シドニーを観光する人なら必ず写真を撮る場所、オペラハウス。

バスが何本も出ていますし、電車ならサーキュラー・キー駅(Circular Quay Station) が最寄駅。
シティからなら20〜30分あれば歩ける距離です。

Sydney Opera House
Bennelong Point, Sydney NSW 2000

https://www.sydneyoperahouse.com

近くまで行ってオペラハウスを見ると、白いと思っていた建物が、実は白とクリーム色の2色のタイルで構成されている事に気付きます。

これは、シドニー湾の濃い青と明るい空の青、それがオペラハウスの白のコントラストが映えるように、でも眩しすぎないようにと工夫がされているからなんです。

実はこのタイル、オペラハウスをデザインし建設を任されていたデンマーク人のヨーン・ウツソン(Jørn Utzon) が悩んだ末に、日本の陶器のお茶碗のザラザラした質感からヒントを得て作られたこだわりのタイルなんです。

細かい石の入った粘土で作られたタイルは3年かけて屋根の曲線に合うように作られ、その数1,056,006個!

初めて見た時はそこまで知りませんでしたが、そんなこだわりがこの美しい圧倒される景観を創り出して、訪れる人たちに感動を与えるのでしょうね。

私は一目見てオペラハウスが大好きになり、以来オペラハウスを見る度につい写真を撮ってしまいます。もう何十枚も持っているのに飽きずに撮りたくなるんですよね。

私はオペラハウスを一種のパワースポットだと思っています。

オペラハウスが完成したのは1973年。
後で詳しく説明しますが、建設を始めた1959年から様々な問題にぶつかりながら、長い年月をかけて完成に至りました。

予定通りよりも10年遅れて完成したオペラハウスは、予算も当初の700万ドルを14倍も上回る1億200万ドルを費やした大プロジェクトでした。

オペラハウスを楽しむ

外観だけでも充分に満足できるオペラハウスですが、中に入ってみたい人はオペラハウス見学ツアーが随時開催されていて、日本語のツアーもありますので参加してみるのもおすすめです。

オペラハウスの歴史や建設の際の工夫などを実際に行って説明してもらえますし、コンサートホールにあるグランドオルガンは機械式パイプオルガンとしては世界最大なんだそうですよ!

多分$25くらいで当日券もありますし、事前にツアー会社で申し込めます。

外からのオペラハウスの景観を楽しみたい人は、近くにオペラバーなどのレストランもありますので、オペラハウスを眺めながら優雅に食事やワインを楽しむ事も出来ます。

そしてレストランをオペラハウス側に歩いていくと、奥に小さなおみやげ屋さんがあるので、そこも覗いてみてください。

おそらくここでしか買えないグッズもあり、以前はオペラハウスバービーちゃん、オペラハウスのLEGO、最近では(と言ってももう何年も経ってますが) オペラハウスのぬいぐるみまで登場しました!

 

他にもオペラハウス型のライトや木製ブックエンドなど、オペラハウス好きにはたまらないグッズが色々置いています。
もちろんオペラハウスで上演されたDVDやCD、グッズなどもあります。

すぐ隣のボタニックガーデンを歩けば、オペラハウスとハーバーブリッジを一緒に望める絶景ポイントもあってその景色はまるでポストカードのよう。

オペラハウスがきれいに見えるスポットは、こちらの記事も参考にしてください。
シドニーハーバーブリッジの楽しみ方いろいろ

イベント

オペラハウスに関連するイベントとして特に有名なのが、2018年で10年目を迎えた光と音楽の祭典Vivid Sydney。寒い時期ですが、今や海外からも多くの観光客が訪れるほどの南半球最大イベントとなっています。

オペラハウス周辺は光のアートで溢れ、オペラハウスもカラフルにライトアップされて一段と華やか華やかになるこのイベントは、毎年5月の終わりから6月の初めに開催されます。
光と音楽の祭典 Vivid Sydney 〜初めは小さなイベントだった〜

でもそのイベント以前から、事あるごとにオペラハウスのライトアップは度々行われてました。
乳がんキャンペーンの時はピンクに、セントパトリックデーには緑に、赤は…何の日か忘れましたけど。

オペラを観よう!

オペラハウスというくらいなので、やっぱりオペラを観るのは王道の楽しみ方でしょう。
私も一度だけですが、オペラを観に行った事があります。

アデレードの義理のお母さん(パートナーの義母。血は繋がってません)が、『蝶々夫人』は日本が舞台なので一緒に観に行かないかと声を掛けてくれたんです。

私のパートナーが$200以上する私のチケット代を払ってくてラッキー!という事で、私の人生初のオペラ。

オペラの上演は基本的にイタリア語です。
そして横に英語字幕が出ます。

私たちの席は少し舞台から近過ぎて舞台横の英語字幕が見えにくかったんですけど、圧倒される演技に集中出来て充分に楽しめました!

オペラを観に行く前に、上演される話のあらすじを事前に読んで理解しておく事で、字幕を追ったりストーリーが理解できなくて混乱せず、楽しんでオペラを観る事が出来ます。

シドニーで上演された蝶々夫人は日本が舞台といっても日本語は皆無です。
どんなオペラでも、観る前にあらすじを把握しておく事をお勧めします。

主人公の蝶々夫人もアジア人ではなかったのですが、日本人っぽい仕草と演技力に圧倒されて想像以上に感動しました!

オペラハウスが出来るまで

冒頭の方で少し触れましたが、オペラハウスの完成には様々なドラマがあり、14年もの長い年月を費やしたのです。

建設が始まったのは1959年ですが、この着工に至るまでの経緯の影にはニューサウスウェールズ州立音楽院の校長ユージン・グーセンス(Eugene Goossens)の努力がありました。

イギリスの作曲家で1947年にシドニーに移住して来た彼は、シドニーには不十分なコンサート施設(タウンホールなど) しかない事を問題視し、大型コンサートホールの必要性をずっと訴えて来たのです。

その願いがやっと現実味を帯びて来たのは、1952年にジョゼフ・ケイヒル(Joseph Cahill) がニューサウスウェールズ州の首相に就任してからです。

ケイヒルはグーセンスの「人は階級や生い立ちに関係なく、良い音楽を楽しむ権利がある。」という信念に説得され、1956年に国際的なオペラハウスのデザインコンペティションを行いました。

そして、参加した28カ国の233件の中から選ばれたのは、当時無名だった38歳のデンマークの建築家ヨーン・ウツソン (Jørn Utzon) のデザインでした。

でも本当は、ウツソンがコペンハーゲンの小さな事務所で〆切ギリギリ描いた12枚のオペラハウスのデザインは、ラフ画だった事もあり第一選考で落とされていたのです。

ところが、審査員として選考開始から10日遅れて来たアメリカの建築家エーロ・サーリネン(Eero Saarinen)が、選考に落ちたウツソンのデザインを拾い上げて「これが優勝に決まっている!」と叫び、絶賛。
こうしてオペラハウスのデザインが決まりました。

※ウツソンのデザインはこちらで見る事が出来ます。
https://www.records.nsw.gov.au

1957年、ウツソンは建設の指揮をとる為にシドニーに来ましたが、それには色々と問題がありました。

オペラハウス建設予定地の地盤が、考えられていたほど丈夫な土地ではなかった事が当時あった電車車庫を取り壊して初めて地質調査が行われて判明し、まずは基礎工事に予算と時間を注ぎ込まなければなりませんでした。

それに加えて、もともとラフ画だったウツソンの設計図は、ヨットの帆や貝殻をイメージさせる曲線の屋根などの細かい設計をしていなかったので、複雑なデザインを実現化させる為に風による耐久性や曲線の部分の重さなどを計算した綿密な設計を試行錯誤しなければなりませんでした。

ケイヒル首相はこのプロジェクトが官僚や政治的反対によって中止にならないように建設をせかしましたが、悪天候や工事契約の変更などとも重なり当初の予定が大幅に遅れ、建設が始まってから7カ月後、ケイヒル首相はオペラハウスの建設を必ず完成させるように言い残して68歳で亡くなってしまいます

以下の言葉はケイヒル首相が議会で言った言葉です。
議会で彼が周りの反対に対して説得していた様子が伺えます。

“In a young country like ours we ought to be courageous”
「私たちの国ような若い国は、勇気がなければいけないのです。」

ニューサウスウェールズ州 29代目首相 ジョゼフ・ケイヒル

建設計画はStage 1〜3に分けられており、1で台壁、2で外壁や屋根、3が内装工事の予定でしたが、Stage1が終わった時点で 既に当初の予定より2年遅れており、既に建設が始まってからほぼ5年の月日が流れていました。

その時点でもまだ曲線を描く屋根の試行錯誤が続けられており、最初のデザインでは建設構造上、実現不可能な事が判明。様々な案の練り直しを迫られました。

あの特徴的な屋根を造る為の解決策を思いついた時の逸話がいくつか残っています。

その最も有名な話が、オレンジの皮を剥きながらアイデアを得たという話。
それは以前、建築家エーロ・サーリネンが朝食の時にグレープフルーツを切って自分の建築物を説明していた事に由来するのでは、とも言われています。

そして球体からヒントを得て現在の特徴的な屋根の形の原型が出来、問題が解決。
1963年にやっとStage2に入ります。

スウェーデン製の特注タイルを使い、3年かけて少しずつ形作られて行ったオペラハウス。

しかし、その頃からだんだんとウツソンと政府との折り合いが悪くなり、当初の予定より大幅に上回る工事費用に懸念を抱いた政府はそれを指摘していました。

そして24年間続いた労働党の首相が変わり、1965年に自由党のロバート・アスキン(Robert Askin)がニューサウスウェールズ州の首相に就任してから、政府との関係はますます暗転して行きます。

公共事業事業省のデイヴィス・ヒューズ (Davis Hughes) はキャンペーンを実施しオペラハウスの資金集めをしてプロジェクトの権限を持つようになり、ウツソンに今後は図面の制作費のみしか支払えないと言い渡しました。

しかしStage 3の試作を作る為にまだまだ資金が必要だったウツソンは、資金がなければ図面を作る事が出来ず、図面が出来なければ支払いが止められるという状況に陥りました。

1966年2月、Bridge Streetにある閣僚事務所でウツソンはヒューズと話し合いを試みましたが、話し合いには至らずわずか15分で終了。結局ウツソンはプロジェクトの辞任に追い込まれる事になりました。

ところが、この事件で政府に対して激しい抗議の声が上がり、3月3にはウツソンの復帰を要求する1000人もの人のデモ行進に発展。3000人もの署名がアスキン首相に送付され、世界中の著名なアーティスト、デザイナー、知識人からも抗議の手紙が送られる騒ぎとなりました。

ヒューズはウツソンに妥協策を提案し残ってもらおうとしましたがウツソンは断り、建設当初から一緒にやって来た技術コンサルタント会社Arupの昔のパートナーJack Zunzに嘆願されても、現場には戻りませんでした。
オペラハウスに血肉を注いで来たウツソンにとって、建設の監督権限がない地位への就任は辛すぎたのかもしれません。

こうしてウツソンは1966年4月28日、家族と共にデンマークへ戻り、シドニーに帰って来ることはなかったのです。

ウツソンが去った後も続いていたStage2の残りの作業と内装は、ヒューズに任命されたピーター・ホール (Peter Hall) ら複数の建築家で完成させる事となります。

現場に入ったホールはウツソンの計画していたスケールの大きさを実感し、圧倒されたと言います。

様々な理由により、ウツソンが予定していた舗装材の素材やガラス壁の建設方法、間取りやインテリアなど大幅に変更された箇所もありつつ、1973年10月20日、ついに20世紀の傑作オペラハウスはオーストラリアの新しいアイコンとして開館を果たしました。

密かに、もしかしたらすぐにシドニーに呼び戻されるのではないか?と思っていたウツソンでしたが、ついに建築家ウツソンに声が掛かる事はなかったのです。

ウツソンの無念さはどれほどだったのでしょうか。
これでもうウツソンのオペラハウスは永遠に完成する事はないと肩を落とした人たちもいたようです。

現在オペラハウスは多くの観光客で賑わい、6つの劇場では年間2000以上のオペラやバレエなどの様々なパフォーマンスが上演されています。

2000年のシドニーオリンピックでは聖火リレーの舞台となり、オーストラリアには欠かせないアイコンとなりました。

1940年代の終わりにオペラハウスの必要性を唱えたユージン・グーセンスと、建設の完成を願ったジョセフ・ケイヒルの想いはしっかりと身を結び、今でも受け継がれているのです。

ウツソンルームの実現

何とも後味の悪い残念な話でしたが、実はこの話には続きがあります。

1999年、ウツソンは今後のオペラハウス変更のガイドラインを担当する事に合意し、ウツソンの再設計にるオペラハウスのデザインが実現したのです!

2004年9月、ウツソンがデザインしたシドニー湾を見下ろす部屋は “Utzon Room” と称され完成。西側に並木道を作ったり、入り口のインテリアをデザインし直し、2006年に無事このプロジェクトが終了しました。

高齢のためシドニーの地を踏む事はついにありませんでしたが「この喜びと満足感は、建築家にとって最高の幸せで、それは今まで手に入れたどんなメダルにも匹敵する。」と語っています。

2003年にはオーストラリア勲章を授与され、建築家の最高栄誉であるプリツカー賞も受賞しています。

ひとまずハッピーエンド、ですよね。

豆知識

ちなみに、当時のニューサウスウェールズ州首相だったジョゼフ・ケイヒルは、オペラハウスをシドニー中心部のウィンヤード駅近くに建てる予定だったそうです。

それに反対し現在の位置にこだわったのは、オペラハウスの必要性を訴えてきたユージン・グーセンス。
もしウィンヤードに建ってたら、全然別の建物になっていてあんなに有名になったかもしれませんよね。

現在オペラハウスが立っている場所は、もともと原住民 Gadigal 族の言葉で “Tubowgule (海水と淡水の交わる場所)” と呼ばれていた地域で、グーセンスはその名前に人々との交流の場という意味を見出し、こだわったと言われています。

ウツソン帰国後に建設続行を任命されたひとりであるピーター・ホールですが、オペラハウス建設にあたってかなりの苦悩があったようで、そんな内容のサイトも見つけましたので、英語ですが載せておきます。
http://www.abc.net.au

あと、すごく余談ですが1968から1970に放映されたテレビドラマ『Skippy the Bush Kangaroo(邦題 カンガルー・スキッピー)』は、シドニーを舞台にしたカンガルーと男の子のアドベンチャー物語ですが、ドラマの中でバックにちらっと建設中のオペラハウスが写ってる事があるんですよ!

この子供向け番組、オーストラリアの深夜によく放送されています。

おわりに

あのオペラハウスが出来るまでに本当に色んな事がありましたが、考えられないくらいの努力と時間と費用をかけて作られただけの価値は十二分にあったのではないでしょうか。

やっぱり私にとってオペラハウスはパワースポットです。


そしてこのオペラハウス記事も長かったですね!

考えてみればブログ記事制作も3段階のステージが あります。

1. だいたいの土台作り
2. ぴったり来る写真探し
3. 全体の仕上げ

あはは、今夜オペラハウスが夢に出そう〜!