毎年恒例セントメアリー大聖堂のライトアップでクリスマス

毎年恒例セントメアリー大聖堂のライトアップでクリスマス

夏になると午後8時頃まで明るいシドニーですが、この真夏のクリスマス時期は、暗くなってもあちこちでライトアップが始まるので賑やかです。

シティ中心部のにあるセントメアリー大聖堂 (St. Mary’s Cathedral) もそのひとつ。毎年12月初めにはプロジェクターを使ったライトアップが始まり、人気を博します。

2018年は5日がそのライトアップ初日、スタートするは8時半。どんな感じかちょっと行ってみました!

 

こちらも参考にどうぞ

 

Advertisement

ライト・オブ・クリスマス

8時20分頃にハイドパーク南側付近にいたのですが、すでに大聖堂の方向から賑やかな音楽が聞こえて来てました。ライトアップは8時半からですが、実は7時半からコーラスが始まってたんです。

距離が近づくにつれ、誰がスピーチしている声がだんだんとはっきり聞こえ、遠くにはライトアップされた大聖堂が見えて来ます。

手前にあるクリスマスツリーはそんなに大きい訳ではないのですが、こうやって見るとやっぱりきれいです。

ここを通り過ぎて、セントメアリー大聖堂に着いた時には、想像通りたくさんの人が集まっていました。

The Lights Of Christmas at St Mary’s Cathedral
http://lightsofchristmas.com.au

2018年12月5日 (水) 〜 12月25日 (火)
7.30pm – コーラス
8.30pm – 12am ライトショー

これはバーでしょうか?

こんなオブジェも。

大聖堂の前でスピーチが行われていて、大勢の人たちがまわりを囲んでいます。何とか近くまで行けました。

屋台

ここには屋台も4軒ほど出ています。チュロス屋さんにソフトクリーム屋さん、ジェラート屋さん、

それから南アメリカのストリートフードという屋台。

せっかくのスピーチ最中ですが、お腹が空いてしまったのでライトアップが始まる前に食べることにしました。

スモークドポークとコールスロー $12。と、LIFT (炭酸レモンジュース)。まあボリュームあるし、こんなもんでしょう。とりあえず、脇に座って食べ始めたのですが…、

これ、めちゃくちゃおいしい‼︎
しっかり肉厚でソースもたっぷりかかってて最高!もっとちゃちいのを想像していたので驚きました。これはおすすめです!

8時半を過ぎてもスピーチは続き、8時45分をまわった頃に「Are you ready?」の声と共に今まで緑一色の照明だった大聖堂がカラフルに動き始めました。

その時、私は大聖堂が一部しか見えない位置に座っていて、最初のターンは食べながら遠くから眺めてました。

同じ内容のプロジェクターが繰り返し流されるので、わざわざ人が多い時に無理しなくても、後でちゃんとゆっくり鑑賞出来ます。

プロジェクターが最初の1周を終えた時には、周りで拍手も。

ライトアップ

上の写真はプロジェクターが2周目をまわった時ですが、まだこんなに人がたくさんです。でも、これが3周目、4周目と繰り返されるうちに、だんだん人がいなくなって写真が撮りやすくなりますよ。

  

今年のライトアップは2パターン。ひとつは物語、もうひとつは聖母の姿やカラフルな模様を映し出すパターンで、全部で10分程度です。

物語はクリスマスの朝から始まります。チャーリーという男の子がクリスマスプレゼントにロボットをもらうのですが、それまで相棒だったロボットがショックを受けて家出するというストーリー。で、最後はみんなでハッピーエンディング。

結局私、4周目までいました。単純に考えて40分。まあ、写真撮ってたのでこんなもんですね。おそらく、9時半〜10時くらいが人が少なくて撮影しやすい と思います。

大聖堂近くにもこんな展示がありますので、こちらも見てくださいね。

おわりに

このライトアップはクリスマスまでずっとやってます。小腹が空いたら屋台もありますので(笑)、立ち寄ってみてください。

ちなみに、今回使ったのはサムソンS9 のカメラ。シャッタースピードが速いのにきれいに撮れてすごく重宝してます。スマートフォンカメラもどんどん進化してびっくりですね。

では、良いクリスマスを!

冬はセントメアリー大聖堂でこんなイベントも