意外と知らない? オーストラリアの紅茶の文化

意外と知らない? オーストラリアの紅茶の文化

オーストラリアにはカフェがいたる所にあり、コーヒーがおいしい事で有名です。

でも、そんなコーヒーの人気に隠れがちではありますが、実は紅茶文化もしっかり根付いてるんですよ。もともとオーストラリアはイギリスの植民地でしたから、古くから紅茶を楽しむ習慣があるのは不思議ではないですよね。

では、そんなオーストラリアの紅茶について、詳しく見てみましょう。

 

Advertisement

オーストラリアの紅茶

イギリスの紅茶文化と聞くと、モーニングティーやアフタヌーンティーで、スコーンなどと一緒に優雅にお茶をするイメージがあります。

そんな文化を受け継ぐオーストラリアのスーパーマーケットの紅茶コーナーは、本当に種類が豊富で目移りしてしまいます。

特によく見かけるのがイングリッシュブレックファースト (English Breakfast) という紅茶。

これは、複数の種類の紅茶がブレンドされていてるイギリスでよく飲まれているベーシックな紅茶の名前です。なので、もし普通の紅茶が飲みたいと思うなら、この紅茶を選べば間違いないですよ。

ちなみにカフェインを避けたい人は、ハーブティーかルイボスティーがおすすめです。オーガニックのものも色々売ってますので見てみてください。これなら夜でも安心して飲めますしね。

ルイボスティーは多少癖はありますが、紅茶に似てて飲みやすいので私も大好きです。

おすすめの紅茶ブランド

オーストラリアで有名な紅茶ブランドをいくつか紹介します。

トワイニングス

スーパマーケットでよく売られているTwinings (トワイニングス) という紅茶のブランドは、イギリスに本社があり日本でもおなじみですよね。

このシリーズ、English Breakfast の他に Russian Caravan とか Irish Breakfast とか色んなブレンドが販売されているので、安売りしている時にたくさん買って飲み比べしてみるのも楽しいかもしれません。

でも特におすすめなのが、オーストラリアンアフタヌーンティーです!

オーストラリアン アフタヌーン ティー

オーストラリアアフタヌーンティー (Australian Afternoon) は、まるでイングリッシュブレックファーストに対抗してる (?)ような名前ですが、安いし軽いしパッケージもオーストラリアっぽいので、おみやげにもおすすめです。

味はまあ、私の味覚では普通の紅茶ですが、この紅茶の誕生にはあまり知られていない意外な事実があります。

あえてパッケージ等では触れられていませんが、実はこの紅茶は2011年にトワイニングスが5人の有名人を集めて開催した紅茶のブレンドコンクールで優勝した紅茶らしいです。

そして、その優勝したブレンドを作ったのが、当時のオーストラリア首相ケビン・ラッド (Kevin Rudd) だったんだそう。

こうしてオーストラリアンアフタヌーンティーは2012年1月のオーストラリアデイに合わせて期間限定商品として販売されたのですが、人気があったようで2018年現在はレギュラー販売で売られています。

T2 (ティーツー)

オレンジ色がトレードマークの T2 というお茶専門店は、1996年にメルボルンで生まれたチェーン店で、現在ではアメリカやニュージーランド、アジアの国々などでもお店を展開しているようです。

普通の紅茶を始め、フレーバードティー、ハーブティー、グリーンティー、チャイなど種類も豊富。店内に試飲スペースが設置されているのも嬉しいですよね。

よく大きなショッピングセンターに入っていて、お茶以外にもおしゃれなティーポットやカップなども売っているので、お土産やプレゼントにも最適です。

T2
https://www.t2tea.com

Sydney World Square

初めはリーフの紅茶販売が主流だったようですが、2007年からティーパックのタイプも売られています。

カフェでT2のお茶を使っているところも多いんですよ。

お土産におすすめなのが、オーストラリアの土地をイメージしてブレンドされた紅茶。

メルボルンブレックファースト、ブリスベンブレックファースト 、シドニーブレックファースト、パースブレックファースト、ホバートブレックファーストなど色々あります。

ちなみに、クイーンズランド州サンシャインコーストの女性作家Josephine Moonは、ブリスベンのChermsideにあるT2の内装にインスパイアされて、彼女の最初の小説『The Tea Chest』を書いたそうです。

ルピシアのオーストラリア限定品

お茶の専門店ルピシアは日本の紅茶専門店ですが、実はメルボルンに小さなお店があります。

オーストラリアの限定のお茶はサザンクロス、オーストラリア、ウルルの3種類あるので、これもお土産に良さそうです。

シドニーだとほんだらけさんが扱っていますし、ウェブサイトからの注文も出来ます。

LUPICIA Fresh Tea
QV Shopping Complex
14-16 Artemis Lane, Melbourne VIC 3000

https://www.lupicia.com.au

ほんだらけ シドニー店
Suite 204, 35-39 Liverpool St Sydney NSW 2000

http://www.o-su.com.au/hondarake/

伝統的な紅茶 ビリーティー

これは今となっては知る人ぞ知る紅茶になってしまったのですが、オーストラリアがまだイギリスの植民地だった19世紀から飲まれているビリーティーという紅茶名前をとった Billy Tea <Campfire Brew> という紅茶があります。

このビリーティーは1900年初頭から発売されているそうで、風味があってとてもおいしいのですが、売ってないお店が多いのが残念。(私の知る限り、売っているのは IGA)

リーフタイプとティーパックタイプがあり、どちらかしか売ってない事もあったりします。

ちなみに、ビリーというのは針金の取っ手を付けた缶の事で、その缶を使って焚き火で沸かされたお茶がビリーティーです。

これは19世紀のアウトバック(僻地) で生活する開拓者たちや、仕事を探しながら野宿するスワッグマン (Swagkman) と呼ばれる季節労働者の間で広く飲まれていたお茶で、今でもキャンプなどで作られたりしているようですが、作り方には多少のコツがいります。
アウトバックの食事、DamperとBilly Tea

ハイティーとアフタヌーンティー

オーストラリアでは、3段重ねのティースタンドに乗せられたサンドイッチやスコーンなどの軽食を食べながらお茶を飲むハイティー (High Tea) をする事がよくあります。

これもイギリスから来た文化で、現在ではアフタヌーンティーとハイティーは同じ意味として使われるようになっていますが、本来は全く別の意味でした。

19世紀、夜にオペラなどを見る事の多い上流階級の女性が、夜遅くの夕食まで空腹を避けるために社交を兼ねて友人を招いて始めたのがアフタヌーンティーで、その際にサーブされる軽食は客間の低いテーブルだったのに対して、ハイティーは労働者階級の人たちの夕食の事を指し、食事用のテーブルは高いのでハイティーと呼んだそうです。

今はハイティーを本来のアフタヌーンティーと同じ意味で使っているんですね。

お茶の種類について

オーストラリアのスーパーやカフェに置いているお茶の種類は多いけれど、「これ何だろう?」と思う事もあるかもしれません。基本的な物はこちら。

Black Tea … いわゆる普通の紅茶の事。English Breakfastもこれに入ります。アールグレイ(Earl Grey)はベルガモットという柑橘類の香りをつけたお茶で、フレーバードティーの紅茶に分類されます。

Green Tea … これは緑茶ですね。

White Tea  … 日本では白茶とも呼ばれていて、新芽や若葉を摘み取って作られるお茶で、美容に良いと人気があるようです。

Herb Tea … ハーブティーもだいたいどこでも置いてます。カモミールやラベンダーにリラクゼーション効果がある事は有名ですが、私は食べ過ぎて胃の調子がちょっと変な時は消化促進の為ペパーミントティーやレモングラスティーを飲んだりします。こう言うのをちょっと知っていると便利ですよ。

Chai Tea …甘いミルクティーのお茶で、独特の味と香りがあります。

<おまけ>
あとあまり関係ないかもですが、時々勘違いしている人がいるので一応書いておくと、オレンジペコはというお茶はオレンジ味のお茶ではなく、お茶の葉の上から2番目に若い柔らかい葉や新芽などを使って作られたお茶です。
名前の由来は色がオレンジ色だったからなど色々な諸説はあるようですが、オレンジの味は全くしませんよ(^o^)

好まれる甘いお茶

オーストラリアでペットボトルのお茶を買って驚くのは、グリーンティ (緑茶) に砂糖が入っている ものがある事!

オーストラリア人や日本人以外のアジア圏の人たちの中には甘いお茶を好む人も多いので、買う時にちゃんと確認した方が良いです。ちゃんと日本のように無糖のものもあります。

オーストラリアでは甘いミルクティーや緑茶にタピオカなどが入っている飲み物が大人気で、たくさんのお店がありますから、お茶はそういう感覚の人も多いのかもしれません。

それと余談ですが、ほとんどの日本食レストランのお茶はティーパックでも有料です。例えそれがお寿司屋さんでも、です。

「こんなお茶にお金を払いたくない!」とゴネている日本人観光客を見た事がありますが、日本国外ですしクレーマーはあまり構ってもらえませんので、節度のある態度を心掛けたいですね。

お茶にまつわるオージースラング

オーストラリアには Cuppa という言葉かあります。

これ、Cup of tea(一杯のお茶)の事で、オージーから「カッパどう〜?」なんて普通によく聞かれます。
コーヒーの場合でも使えますよ。日本語の「お茶する?」と同じような感覚の使い方をします。

ちなみに休憩という意味なら、Smoko というスラングも。

これはもともとタバコ休憩のSmokingが簡略化されたもので、別にタバコ休憩でなくて普通の休憩でも使えるようです。

まとめ

いかがでした?
紅茶も意外と奥が深いと思いませんか?

カフェでお友達とのおしゃべりの際に、仕事の合間に、オーストラリアのおみやげに、ティータイムを楽しんでくださいね。

オーストラリアのコーヒー文化についてはこちらをどうぞ。
コーヒー先進国オーストラリアのカフェを堪能しよう