意外と知らない? オーストラリアの紅茶の文化

意外と知らない? オーストラリアの紅茶の文化

コーヒーがおいしくてカフェがたくさんあるオーストラリア。
このコーヒー文化はイタリア移民がもたらしたと言われています。

しかしコーヒーの影に隠れがちですが、紅茶文化もしっかり根付いているんですよ。
そもそもオーストラリアはイギリスの植民地でしたから。

オーストラリアの紅茶

イギリスの紅茶文化は有名ですよね。
モーニングティーやアフタヌーンティーなど、スコーンなどと一緒に優雅にお茶をしているイメージがあります。

そして、オーストラリアのスーパーマーケットでは、普通にたくさんの種類の紅茶が売られているので迷ってしまいます。
(ちなみに最近の私のお気に入りはオーガニックのハーブティーかルイボスティーなどのノンカフェインのもの。)

“English Breakfast”、オーストラリアに来たての頃は、メニューなどによく書かれてあるのを見ても何の事か分かりませんでしたが、ベーシックな紅茶の名前です。
複数の種類の紅茶がブレンドされていて、イギリスでよく飲まれている紅茶なんだそうです。

Australian Afternoon Tea

そんな English Breakfast に対抗して(?)か、2012年頃辺りからTwiningsの紅茶ブランドから “Australian Afternoon” という紅茶がスーパーなどで売られるようになりました。
イングリッシュブレックファーストとブレンドが違うのでしょうが、私にはあまり微妙な味の違いが分かりません(^_^;)

でも安くて軽くて、ちょうどこの時期に日本に一時帰国したので、オーストラリアのおみやげのひとつにしました。おみやげには最適だと思いませんか?
(あ、でも日本で売られてたらショック💧当時は発売されたばかりでまだ日本にはありませんでしたが。)

このシリーズ、他にも Russian Caravan とか Irish Breakfast とか定番の色んなブレンドがあります。Zealand Breakfastもあるようですが、これは私、オーストラリアで売ってるのを見たことないですねー。売ってるとこあるのかな?

Twinings
https://twinings.com.au

オーストラリアンアフタヌーンについては前から気になっていたのですが、調べてみると意外な事実が。

このオーストラリアンアフタヌーンの紅茶は、2011年にTwiningsが5人の有名人を集めて開催した紅茶のブレンドコンクールで優勝した紅茶だったんです。2012年1月のオーストラリアデイに間に合うように発売されました。

そのブレンドした人がケビン・ラッド(Kevin Rudd)、当時オーストラリアの首相だった人です!わー、知らなかった!

伝統的な紅茶といえば

紅茶はオーストラリアがまだイギリスの植民地だった19世紀から親しまれていて、アウトバック(僻地)ではビリーティーと呼ばれる空き缶に針金が付いたものを焚き火で沸かした紅茶が飲まれていました。

ビリーティーについてもっと詳しく知りたい方は、こちらを読んでくださいね。
アウトバックの食事、DamperとBilly Tea

そして以前にも書いたのですが、このビリーティーの名前をとったBilly Tea <Campfire Brew Tea> という1900年初頭から発売されている昔ながらの紅茶があります。

最近このリーフの紅茶を買ってみたんですけど(ティーパックもあります)、とってもおいしくてハマっています。とても良い紅茶の香りがするので私は大好きです。
売ってないお店も多いのが残念。

T2 (ティーツー)

現在オーストラリアでは、T2というお茶専門店がとても有名ですね。

1996年にメルボルンで生まれたオーストラリアの紅茶のチェーン店で、普通の紅茶を始め、フレーバードティー、ハーブティー、グリーンティー、チャイなど種類も豊富。店内では試飲スペースも用意されています。現在ではアメリカやニュージーランド、アジアの国々などでもお店を展開しているようです。

オレンジ色がトレードマークのT2は目立つし、オーストラリアなら結構どこでも見つける事が出来ます。
かわいいティーポットやカップなども売っているので、おみやげやプレゼントにも良いですよ!

T2
https://www.t2tea.com

Sydney World Square

リーフの紅茶が主流でしたが、2007年からティーパックのタイプも販売されていて、カフェでT2のお茶を使っているところも多いです。

昔、誕生日プレゼントにもらったMelbourne Breakfastというブレンドは、スッキリさわやかな味でした。
他にもBrisbane Breakfast、Sydney Breakfast、Perth Breakfast、Hobart Breakfast など、それぞれのシティをイメージしたブレンドもあります。

時々限定イベントもやっていて、2016年にはニンジンとジンジャーとターメリックや緑茶とほうれん草、りんごとケールとジンジャーなど、野菜のお茶なども発売。

他にも色々なユニークなお茶を出しています。

ちなみに、クイーンズランド州サンシャインコーストの女性作家Josephine Moonは、ブリスベンのChermsideにあるT2の内装にインスパイアされて、彼女の最初の小説『The Tea Chest』を書いたそうです。

ルピシアのオーストラリア限定品

最後に日本でおなじみのお茶の専門店ルピシア。
実はオーストラリアのメルボルンにもお店があるんですよ!

オーストラリアの限定ティーもあって、サザンクロス、オーストラリア、ウルルの3種類。こちらもおみやげに良さそうですね!

シドニーだとほんだらけさんが扱っていますし、ウェブサイトからの注文も出来ます。

LUPICIA Fresh Tea
QV Shopping Complex
14-16 Artemis Lane, Melbourne VIC 3000

https://www.lupicia.com.au

ほんだらけ シドニー店
Suite 204, 35-39 Liverpool St Sydney NSW 2000

http://www.o-su.com.au/hondarake/

お茶の種類について

オーストラリアのスーパーやカフェに置いているお茶の種類は多いけれど、「これ何だろう?」と思う事もあるかもしれません。基本的な物はこちら。

Black Tea … いわゆる普通の紅茶の事。English Breakfastもこれに入ります。アールグレイ(Earl Grey)はベルガモットという柑橘類の香りをつけたお茶で、フレーバードティーの紅茶に分類されます。

Green Tea … これは緑茶ですね。

White Tea  … 日本では白茶とも呼ばれていて、新芽や若葉を摘み取って作られるお茶で、美容に良いと人気があるようです。

Herb Tea … ハーブティーもだいたいどこでも置いてます。カモミールやラベンダーにリラクゼーション効果がある事は有名ですが、私は食べ過ぎて胃の調子がちょっと変な時は消化促進の為ペパーミントティーやレモングラスティーを飲んだりします。こう言うのをちょっと知っていると便利ですよ。

Chai Tea …甘いミルクティーのお茶で、独特の味と香りがあります。

<おまけ>
あとあまり関係ないかもですが、時々勘違いしている人がいるので一応書いておくと、オレンジペコはというお茶はオレンジ味のお茶ではなく、お茶の葉の上から2番目に若い柔らかい葉や新芽などを使って作られたお茶です。
名前の由来は色がオレンジ色だったからなど色々な諸説はあるようですが、オレンジの味は全くしませんよ(^o^)

お茶にまつわるオージースラング

そう言えば、オーストラリアには Cuppa という言葉かあります。

これ、Cup of tea(一杯のお茶)の事で、オージーから「カッパどう〜?」なんて普通によく聞かれます。
コーヒーの場合でも使えますよ。日本語の「お茶する?」と同じような感覚の使い方をします。

ちなみに休憩という意味なら、Smoko というスラングも。

これはもともとタバコ休憩のSmokingが簡略化されたもので、別にタバコ休憩でなくて普通の休憩でも使えるようです。

まとめ

いかがでした?
紅茶も意外と奥が深いと思いませんか?

カフェでお友達とのおしゃべりの際に、仕事の合間に、オーストラリアのおみやげに、ティータイムを楽しんでくださいね。