旅行先でも困らない!あると嬉しいスーパーマーケットで買える非常食

旅行先でも困らない!あると嬉しいスーパーマーケットで買える非常食

私は昔、バックパックを背負って長距離バスでオーストラリアを旅してた事があります。

と言っても、新しい町へ移動するついでにちょこちょこと途中下車して知らない土地を1泊〜1週間観光してまわるというもので、ケアンズ 〜 ブリスベン間を2週間くらいかけて南下するような短期の旅。(それでも日本で働いている人にとっては信じられないくらい長期ですよね。)

新しい土地に着いたら住む所と仕事を探して、旅費を貯めたらまた短期の旅に出る、ワーホリの2年間はその繰り返しでした。
ゴールドコースト 〜 シドニー間とかシドニー 〜 アデレード間とか 色々行きました。

ワーホリに来る理由はそれぞれ色々とあるでしょうが、私がオーストラリアに来た最大の目的は旅行する事で、旅行に関してはそれはもうすごい情熱で時間やお金を費やしました。
昔から新しい土地を歩くとわくわくして楽しいのです。

比較的治安の良いオーストラリアは、危険な所さえ行かないなど注意していれば1人で旅をしても安全です。
国籍を問わず、バックパックを背負って若い女性が1人や2人で旅している光景は特別珍しくもありません。

ただ、その際にちょっと面倒なのが食事。

食事はちろんバックパッカーズホテルのドミトリーのような安い宿泊施設のキッチンで自炊するのが基本ですが、1泊だけの時などはナマモノなどの食品を買い込めないし (2泊以上なら卵やベーコンを買っても良いですが)、それでなくても物価が高いこの国で毎回外食をしていたら旅費がなくなってしまいます。

当時はインスタントヌードルやツナ缶などでしのいでいた記憶があるのですが、もしも今旅に出るとしたら保存がきいてかさばらない食料って何があるかな〜?と考えてみました。

旅に出なくても、朝お弁当を作る暇がなかった時などにも役に立つはず!

 

スポンサーリンク Advertisement

お米

日本人なので、やっぱり時々お米が食べたくなります。

宿泊先に炊飯器がある確率は低いですが、なくても鍋でご飯は炊けるし、そうしてるワーホリも多いでしょう。

でも長期滞在なら良いのですが、1、2泊しかしない短期滞在の場合にわざわざお米を買ってしまうと重くてしょうがないですよね。

アジア人の多い地域なら、アジアンショップを見つけてレンジでチンする日本や韓国のお米を買うのも手ですが、そういうお店のある場所は限られています。(アウトバックなどの僻地や白人しかいない場所もありますから。)

でも、だから言ってそういう重い物を買いだめして持ち歩くのも嫌ですよね?車なら別ですが…。

ひとつ$4くらい。韓国製の方が$1くらい安いです。

韓国ショップで6パック$10.90!多分スペシャルプライス。

そういう時は、ローカルのスーパーマーケットで即席ライスが購入出来ます!おすすめは Brown Rice (玄米)

このシリーズ、香りのあるロング米のバスマティ米 (Basmati)ジャスミンライス (Jasmine) はあるのですが、何故か日本人が食べているジャポニカ米であるミディアムライス (Medium Grain) を見た事がないです。 (探せてないだけ?)

私は香りが強いお米は苦手なのですが、玄米なら平気です。
玄米にはミディアム米を使っているものもあるので、普通においしいです。(玄米はサラダとの相性も抜群!)

パックに入ったタイプとカップに入ったタイプがあり、どちらもレンジでチンすればOK!

パックタイプはフライパンで炒めても、香ばしくておいしいですよ。

これならちょっと食べたい時に食べたい分だけスーパーで買えば良いので、かさばらないですね!

スープ類

お米の次は、やっぱりお味噌汁?

アジア人の多い地域のスーパーマーケットなら日本のインスタントお味噌汁が置いてある事もありますし、意外と健康食品のお店の日本コーナーにお味噌汁がある場合も。

こういう物はそんなに重くないので、別に持ち歩いても良い気がします。
よりコンパクトに持ち歩きたいなら、味噌と具が別々になってるタイプよりも一袋で済ませられるタイプがおすすめです!

でもせっかくオーストラリアに来ているのですから、現地のスーパーマーケットの味も楽しみたいですよね。
それなら粉末スープはいかがでしょう?結構おいしい物が揃っていますよ!

時々日本人の舌には微妙な物もありますが、ポテト&ベーコンとかクリームチキンとかだったら間違いないです。ほっこりしますよ。


おかず系

ご飯のおかずは、ふりかけを持ち歩く?

オーストラリアのツナ缶は、色んな味が付いていて充分おかずになり得ますが、

最近私が気に入っているのは、コールスで売っている真空パックに入ったスモークサーモン (要冷蔵)。

ブラックペッパーがかかったタイプとかかってないタイプの2種類で、これとご飯とお味噌汁で何となく日本の朝ごはんみたいになります(^^)

サーモンはサラダに乗せたりパンに挟んだり、色んなアレンジが出来ますよね。

他にも良いおかずがあれば、是非教えてください(笑)。
個人的にはマクドナルドのチキンナゲットをおかずにお米を食べるのも全然あり(^_^;)

麺類

当時オーストラリア産のインスタントラーメンを色々試しましたが、ラーメンの舌が肥えている私たちにはちょっとお口に合わないかもしれません (^_^;) 慣れるちゃあ慣れますけど。

そんな中、かつて私が一番お世話になったのは、ミゴレン (Mie Goreng) というインドネシアのインスタントヌードルです!

ミゴレンはローカルのスーパーマーケットでもよく売られていて、ひとつ$1以下という安さ。6個パック入りを買うと更にお得で、特に節約したいワーホリの人たちにはありがたい存在です。

普通のラーメンのようにお湯で麺を柔らかくしますが、お湯は捨てて専用のソースをかけて食べます。焼きそばみたいな感じですね。

あと、時々出前一丁 (中国産) とか辛ラーメン (韓国産) が置いてあるスーパーマーケットもあって重宝してましたが、これはかなり地域を限定されるかもしれないですね。

ちなみにこれらの麺は、近くにアジアンショップがあるならそっちで買った方が若干安いです。

それから、インスタントのパスタも結構おいしいですよ!
容器に移してお湯を入れて茹でるかレンジでチンして出来上がり。これも色んな味があります。

ちなみに念の為に言っておきますが、あくまでも材料を準備するのが大変な時の非常食で、いつも私がこんな物ばかり食べているという訳ではないですよ〜(^_^;)💦

バランス栄養食

こちらではカロリーメイトは売ってませんが、その代わりになるようなバーやビスケットは種類が本当に豊富で迷ってしまいます!下の写真はごくごく一部です。

起きたらすぐパッパと観光に出掛けたい時や日程の都合でご飯を食べ損なった時、ちょっとこういう物をかじっておけば意外にお腹にたまりますよ。

飲み物

朝のスタートはコーヒーからという人も多いと思います。

無料でコーヒーが飲めるようになっているホテルも多いですが、そうでない所もあるので用心深い私はマイコーヒーがあると安心します(笑)

オーストラリアの一杯分がパッケージに入ったコーヒーはたくさん売られていますが、ちょっと高価な印象。
私は持ち歩くなら、やっぱりアジアンショップのコーヒーが好きです。

インドネシア産。20袋入りで$6 〜 $8。

韓国のコーヒーが一番コンパクトでかさばりません。

でもせっかくの旅行先なので、もちろんカフェでコーヒーを注文してまったりとする時間も作ったりしますし、あまり散財出来ない時はセブンイレブンの$1コーヒーという手もあります。

セブンイレブンはコンビニエンスと言うほど便利だとは思いませんが、どこにでもあるという意味では確かに便利。

あとは、タブレットを水に溶かすとビタミンやエナジーを補給できるジュースになるべロッカ (Berocca) にはまったこともあります。個人的にはオレンジ味が一番おいしくておすすめ。

番外編 〜お惣菜〜

ところで、私は今までオーストラリアのスーパーマーケットには日本のようなお惣菜コーナーがないのを少し不便に思ってました。
買ってすぐ食べられるような食べ物ってあまり売ってないんですよね。

でもシドニーのシティにあるウールワースには、お寿司コーナーがあるのでたまに利用してます。あと枝豆や餃子などもあります。

魚が新鮮な九州で育った私ですが、オーストラリアのサーモンは脂がのっていて大好きなんです。

そして何だか最近、ここのサーモンの質が上がった気がします。
寿司屋さんが乱立する昨今、おいしくないと競争に勝てないのかな?なんて。ありがたい事です。

別コーナーでは、揚げたチキンなどの暖かい食べ物も売られるようになって、会社勤めの人たちがお昼ご飯にや疲れた仕事帰りにちょっと買って行くのに便利ですね。
もっとこういう物を売れば需要はあるんじゃないかと思うんですけどねー。どうなんでしょう。

おわりに

私は幼い頃から何故か旅に出る事を想定して生きてきた所があって、いつかきっとカバンひとつで遠くに行く事があると思ってました。

旅行の準備も遠足の前みたいでわくわくするので、意味もなく “もし今旅に出るとしたら” と考えるのが好きでした。
だから、この記事もそんな気分で書きました。

参考になるかは分かりませんが、読んでいただいてありがとうございました!